暮らし

とりあえずボックスで断捨離が進む

「とりあえずボックス」とは?

捨てるかどうか悩むものを入れておくボックスのことです。

いずれ手放すこともあるかもしれないけど、今はどうしても捨てられない物たちってありますよね。

そのような、心の整理がついていない物たちを入れておきます。

「とりあえずボックス」が片付けに有効な理由

「捨てる」以外の選択肢ができる

物と向き合い、必要のないものは手放していくことで、どうしても「今」捨てるかどうかを決断することは難しい物が出てきます。

私の場合だと、思い出グッズやオタクグッズが該当するんですが、そういう物たちのためにとりあえずボックスを用意しています。

「捨てる」でも「残す」でもない「保留」の入れ物を用意することで、判断を先延ばしにすることができます。

物と向き合うことって長期戦だから、すぐに必要ないと判断しなくても良いと思うんですよね。

時間を置くことで「もうこれはいいかも」と思える物って意外に多いので、未来の自分に託してひとまずボックスに入れておきましょう。

上限を決めることができる

ボックスから物が溢れたら、物を見直してボックスに収まるようにします。

上限を決めることで、見直す基準が生まれます。

これは、片付けに積極的な人より、積極的ではない他者に対して有効です。

「とりあえずボックス」は長期的な断捨離向け

長期的な断捨離ではありますが、

  • 「とりあえずボックス」を用意する
  • 箱がいっぱいになれば、断捨離して整理する

この方法で、捨てにくいものでも無理なく整理することが出来ると思います。

「とりあえずBOX」用の箱は、100円均一でも用意できるので、整理しにくいものを抱えている人はぜひ取り組んでみてください。

我が家では、セリアで購入したバンカーズボックスもどきを使用しています。