暮らし

とりあえずボックスを用意すると断捨離が進む

物を減らすために取り組んでいること」という記事で、とりあえずボックスを用意することを紹介しました。

この記事では、とりあえずボックスについて、もう少し詳しく書いていきます。

とりあえずボックスとは

とりあえずBOXとは、捨てるかどうかを保留してとりあえず寝かせておくBOXです。

いずれ手放すこともあるかもしれないけど、今はどうしても捨てられない物たち。

無理して捨てなくて良いけど、際限なく溜まっていきそうで、なおかつ何とかしたいと思っているのなら、用意した方が良いボックスです。

我が家では、イケアのSKUBB(スクッブ)に似た感じの入れ物を使っています。

とりあえずボックスが片付けに有効な理由

ひとまず「捨てる」以外の選択肢ができる

物と向き合い、必要のないものは手放していくことで、どうしても「今」は決断することは難しい物が出てきます。

私の場合だと、思い出グッズやオタクグッズが該当するんですが、そういう物たちのために、とりあえずボックスを用意しています。

「捨てる」でも「残す」でもない「保留」の入れ物を用意することで、判断を先延ばしにすることができます。

物と向き合うことって長期戦だから、すぐに必要ないと判断しなくても良いんです。

時間を置くことで「もうこれはいいかも」と思える物って意外に多いので、未来の自分に託してひとまずボックスに入れておきましょう。

上限を決めることができる

ボックスから物が溢れたら、物を見直してボックスに収まるようにします。

上限を決めることで、見直す基準が生まれます。

これは、片付けに積極的な人より、積極的ではない他者に対して有効です。

同居人と共有しているとりあえずボックス(思い出用)があるのですが、常々とりあえずボックスから溢れたら見直ししようと言っていたので、すんなり(?)物の見直しをしてくれました。

種類ごとにボックスを作るのがおすすめ

我が家にあるとりあえずBOXは、以下の3個です。

  • 思い出(共有)
  • DVD(同居人)
  • アイドル関連全部(自分)

とりあえずボックスを乱立させては、物を減らせないと思うので、慎重に。

このブログの運営者emi( @gtbb250 )への 質問・リクエスト・メッセージなどは、お気軽に「マシュマロ(匿名メッセージサービス)」まで。