暮らし

やっぱりアナログ管理が一番?クレジットカードの管理方法

家計管理ができていないなら、クレジットカードを使わずに現金オンリーで生活すべし。

よく言われていることですが、実際問題難しいのではないでしょうか。

我が家では、通販で買い物することが多いため、現金よりクレジットカードを使うことの方が多いかもしれません。

クレジットカードを解約して現金のみで生活するのは、自分のライフスタイルに合っていないのですが、

クレジットカードを上手く管理できていない日々が続き、自転車操業のようになっていたことも事実です。

「今月、思っていたより請求がすごい…!なぜ…?」

となることが多かったので、クレジットカード請求のズレをなくすことを目標とし取り組むことにしました。

この記事では、クレジットカードの請求をきちんと把握し、クレジットカードの支払いに振り回せないために取り組んでいることを書いています。

クレジットカード請求のズレをなくすためのPDCA

クレジットカードは使った月と請求月が違いますよね。

それに加えて、店ごとに決済日が違うので、こちらの思ったとおりに請求されるわけではありません。

クレジットカードを使った分を把握していないからズレが生じるわけなので、使った分をメモすることにしました。

と、言うのは簡単なんですが、管理することが苦手なので、試行錯誤してようやく今のスタイルにたどり着きました。

(失敗1)メモの紛失

意気揚々とメモをとるようになったのは良いものの、そのメモをなくすといったことが多発しました。

(解決1)メモする場所を一つにする

クレジットを使った分だけメモが増えるということは、それだけ管理対象(メモ)が増えるということ。

一元化したことで、メモがなくなるということはなくなりました。

(失敗2)メモの記入忘れ

書いたメモをなくすぐらいなので、そもそもメモすることも忘れることも。

(解決2)週に1回クレジットカードの明細をチェックする

明細をチェックするようになって、購入日が決済日とは限らないことに初めて気づきました。

今までは、ちゃんと明細を見ずに、請求金額だけを確認してきた人生だったので、びっくり。

「あれ?今月、思ってたより請求金額少ない?ラッキー!」

と、思った次の月にめちゃくちゃ請求してきていた正体はコイツでした…!

(失敗3)決済日のズレ、不明金

クレジットで使ったお金を入れておく封筒があるんですが、その中に入っているお金と、クレジット請求メモが一致していないことが出てきました。

何のためにメモし始めたのか、分かりません。

(解決3)メモの書き方を変える

今までメモには、項目と金額しか書いていなかったのですが、週1の明細チェックの際に

  • クレジットカードに請求されていたら丸印
  • 請求金額分のお金が用意できたらチェックマーク

という動作を追加することにしました。

丸印とチェックマークがついているお金だけ、封筒に入れます。

決済はされていないけどお金が用意できたものは、メモに項目と金額を書いて折り、その間にお札をはさんで保管しておくことにしました。

クレジットカードとうまく付き合う

PDCAを回し続け、ようやく自分に合ったクレジットの管理方法が確立されつつあります。

理想のゴールに向かって、苦手なことも何とかしていきたいと思っている人は、PDCAという考え方がおすすめです。

created by Rinker
¥1,540 (2020/05/29 06:42:11時点 Amazon調べ-詳細)

この記事では、クレジットカードの管理方法について書いてきました。

クレジットカード1枚でこんな有り様なので、今以上に増やすつもりはありません。

携帯(ドコモ)の支払いとdポイントを貯めるだけのdカードと、楽天カードで全てまかなっています。

このブログの運営者emi( @gtbb250 )への 質問・リクエスト・メッセージなどは、お気軽に「マシュマロ(匿名メッセージサービス)」まで。