暮らし

継続が苦手だが日記をつけることにした

なんだか日記をつけたくて仕方がないんです。

変わり映えのしない毎日だからこそ、振り返ってみたときに違いを見つけたいのかもしれません。

日記をつけたくなったキッカケは特にない

過去に挑戦したこともあるんですが、一度も続いた試しがないので苦手意識の方が強いです。

「継続が苦手だから仕方がない」と思っていたんですが、こちらの記事でも書いたように、仕組さえ作れば自分でも日記が書けるような気がしてきました。

2020年は1/2還暦の年なので、挑戦してみるのも良いかもと思い始めました。

どんな日記帳にしようか?

見返せる方が意欲が出るから1年タイプはなし

日記の醍醐味って振り返りなのでは?と思うので、1年で1冊タイプはやめました。

1年間書けたとしても、書き終わった日記を置いておかないだろうなと思ったからです。

もし1年タイプにするなら、ほぼ日手帳の「手帳本体 Planner[シュタイフ](1月はじまり)[A6サイズ/英語版/月曜はじまり]」にします。

クマのロゴがかわいいのと、ちょっと高級感あるカバーが良い。

ほぼ日なら毎年ほぼ同じデザインで出してくれそうという安心感があり、日記を書く用としての不安がなさそうだからです。

連用日記にすると決めたけど3年?5年?

連用日記は、3・5・10年タイプが多いです。

10年は一行日記のような形になるのと、気が遠くなりそうなので選択肢から外しました。

3年と5年で迷ったのですが、

  • 5年前の方が覚えてないことが多いので懐かしさが増しそう
  • 5年日記の方が書く量が少ない
  • 書く量を足したい場合でも対応できそう
  • 5年日記の方が周りでつけている人が多い
  • ツイッターのアンケートで5年日記の方が多かった

こういう理由から、5年日記に決定しました。

デザインはどうする?

数年使うとなると、気に入るデザインが良いですよね。

書きやすい紙質も大事。

日付のある・なしも悩みます。

最終的に、ミドリから発売されている「日記 5年連用 扉 黒」にしました。

created by Rinker
デザインフィル
¥3,014 (2020/05/29 06:37:50時点 Amazon調べ-詳細)

カバー

扉の絵を見て、真っ先に推しグループの「Masic Shop」という曲が思い浮かびました。

扉と「Masic Shop」という曲にどんな関わりが?

と思った人は、ぜひとも下のYoutube動画をご覧ください。

この投稿をしている方の訳と編集が好きなので、紹介させていただきます。

紙質

デザイン文具の総合メーカーMIDORIの商品なので、紙質は問題ないとみました。

キャラクター×カラーの連用日記を過去に使っていたことがあるんですが、ツルツルとした書き心地で書きづらかったので、書き心地は気にしたいところ。

日付

管理することが増えると続かなくなるので、日付入りのものが安心です。

今回購入した日記は、日付入りの年号フリータイプ。

不安要素は少しあるので、対策を考えたいと思います。

日記をつけたくなる本も読んだり

日記をつける (岩波現代文庫)

そのままのタイトルなんですけどね。

日記つけようかな?と思い始めてすぐに読んだのですが、読了後は日記をつけたい欲がさらに増しました。

created by Rinker
¥946 (2020/05/29 00:25:01時点 Amazon調べ-詳細)

あの家に暮らす四人の女

1シーンで出てくるだけなんですが、印象に残っています。

created by Rinker
¥748 (2020/05/29 06:37:51時点 Amazon調べ-詳細)

この記事を読んだ人も日記をつけてみて

『日記をつける』を読んでいたら、日記からエッセイができると書かれてありました。

エッセイをいつか書きたいと思っているので、まずは日記を書き続けてみます。

どの日記帳につけるかは決まったので、あとは日記の続け方を模索したいと思います。

このブログの運営者emi( @gtbb250 )への 質問・リクエスト・メッセージなどは、お気軽に「マシュマロ(匿名メッセージサービス)」まで。