暮らし

手帳を使い切るための手帳術

今年こそは手帳を使い切ろうと、手帳の使い方を見直してみました。

自分に合った手帳術ではないため、使いきることが出来ないのではと考えたからです。

インスタの手帳アカウントが好きでよく見ているんですが、憧れて自分でもやってみようとして挫折する、の繰り返しでした。

手帳を使い切ることを目的としたとき、ひとまず憧れは置いておいて、身の丈に合った手帳術を考えることにしました。

手帳を使い切るための手帳術

手帳選び

2020年の手帳は、「DELFONICS」Rollbahnシリーズの、ロルバーンダイアリー スポーツL B(水泳)にしました。

ロルバーンのノートを集めているのと、スケジュール・メモ欄・クリアポケットというシンプルな構成が気に入りました。

ペン

種類が多いと管理できなくなるということが分かったので、ペンの種類と色は1つに絞りました。

そして、すぐにペンがどっかに行くので、同じペンを用意することにしました。

マイルール

手帳をかわいく飾り立てたり、きれいに使おうとしないこと。

たぶん向いてないから、手帳を使い切る目標を達成するまでは、そういうのは禁止にします。

答え合わせは一年後に

2019年8月から手帳を使い始めて、いまは2020年2月ということで、半年経ちました。

この調子で1年間使い切りたいです。

使い切れたら、また新しい目標を立てようと思います。

このブログの運営者emi( @gtbb250 )への 質問・リクエスト・メッセージなどは、お気軽に「マシュマロ(匿名メッセージサービス)」まで。