コスメ

ディオール「ディオールショウ ブロウ スタイラー」

何度もリピートしていたエクセルのアイブロウペンシルから、Dior「ディオールショウ ブロウ スタイラー」に乗り換えてみました。

きっかけは、ツイッターで「Diorのアイブロウペンシルめちゃくちゃええで」「凛とした眉毛になれるで」と見かけたから。

凛とした眉、キリっと意志の強さを感じる眉毛が理想です。

そんな眉毛になれるとあらば、使ってみるしかない。

ちょうどエクセルのアイブロウペンシルなくなったし、良い機会だということで買ってみました。

ディオールショウ ブロウ スタイラーの色合わせ

黒髪に移行しようとしている旨(現在は少し明るいアッシュブラウン)を伝えて選んでもらったのは002番。

黒髪におすすめのアイブロウペンシルとして有名なエクセル「パウダー&ペンシル アイブロウEX PD05」をつけていたんですが、BAさんも色の違いはあまり感じられないと言ってました。

アイブロウペンシルにおいて、エクセルはDiorのジェネリックかもしれない。

エクセル
「パウダー&ペンシル アイブロウEX」
PD05

⇩ ⇧

Dior
ディオールショウ ブロウ スタイラー
002

ディオールショウ ブロウ スタイラーの使い心地

固すぎることも柔らかすぎることもない芯のおかげで、するする描ける。

肌へのひっかかりがありません。

細い芯のおかげか、眉の型どりもしやすいです。

エクセルのアイブロウペンシルだけで眉毛を作ろうとすると、どうしてものっぺりとした感じが否めませんでした。

ディオールショウ ブロウ スタイラー」は、自然な質感で眉毛を作ることができます。

一本一本の毛が太くて固い眉なんですが、「ディオールショウ ブロウ スタイラー」を使うと、自眉をいかした眉毛をつくることができます。

ディオールショウ ブロウ スタイラー」の良さは、眉毛がしっかりあって濃い人ほど分かるのでは、と思いました。

ディオールとエクセルでアイブロウペンシル比較

付属のブラシは、エクセル>ディオール。

エクセルのブラシは柔らかくてふんわりぼかしてくれる感じなのに、ディオールのはごりごり削ってくるので。

固くて痛いし、なんならせっかく描いた眉が消えます。

エクセル自体に不満はないけど、付属のパウダーがいらんなって思ってエクセルのジェネリック(ペンシルとブラシのみ)を買ったことがあるんですが

描き心地も悪いし、勢いよくペン芯が折れていくしで、やっぱりエクセルは偉大じゃ~となったんですよね。

で、それより良いとなったのがディオール!

課金の醍醐味だ~~~!

でも、色んなことにお金をかけたい私としては、プチプラで満足できるところはプチプラで抑えたい。

アイブロウペンシルで細芯を使うのは初めてだから舞い上がってるのかも?

アイブロウペンシルの細芯といえば、セザンヌ様がいらっしゃるし、一度そちらも試してみるつもりです。

▶自眉がしっかり生えている人のアイブロウ奮闘記はこちら