ライフスタイル

流せるトイレブラシを使って、使い捨てトイレブラシをつくる

トイレブラシって不潔度が高くて、トイレ掃除のハードルを上げているようにしか思えない…そんな人のために、簡易トイレブラシの作り方を紹介します。

他にも、トイレ掃除のハードルを下げるためにやっていることを、あわせて紹介します。

使い捨てトイレブラシの作り方

スクラビングバブルの流せるトイレブラシと割りばしを用意します。

トイレブラシを割りばしの間に挟みます(割ってない状態で)。

ぐらつきが気になる場合は、割りばしでブラシを挟んでいる部分を輪ゴムで止めます。

便器内の掃除が終わったら捨てるだけの、簡単に作れる使い捨てトイレブラシの出来上がり。

created by Rinker
スクラビングバブル (Scrubbing Bubbles)
¥638
(2019/02/17 23:17:38時点 Amazon調べ-詳細)

もともと流せるトイレブラシのハンドル自体も持っていたんですが、ハンドルを置くホルダーが安定しないのとハンドルの接続部分がどうしても汚く思えてしまって…

スクラビングバブルのハンドルの代わりに、無印のスポンジ用フレーム部(長柄)を使っている人もたくさん見かけますが、収納場所が思いつかず。

そんなときに割りばしで挟んでハンドル代わりにしている人を知って、取り入れてみたのでした。

気にならない人は、スクラビングバブルのハンドルか無印のスポンジ用フレーム部(長柄)で流せるブラシを挟んで使った方が、安定感はあるかと思います。

トイレ掃除のハードルを下げよう

トイレ掃除の流れはこんな感じで、

  1. ゴミ袋(スーパーの袋)を用意する
  2. 使い捨て手袋を装着する
  3. 簡易ブラシをつくる
  4. シートで拭いたら捨てを繰り返し
  5. ブラシで便器内を掃除
  6. ブラシ、手袋を捨て、ゴミ袋も捨てる

リビングのゴミ箱にある程度ゴミがたまってきたら、その袋をゴミ入れとしてトイレ掃除をすると決めています。

なので、トイレ掃除のタイミングはリビングのゴミがたまり次第。

「いつ掃除するのか」決めておくようになってから、トイレ掃除を後回しにすることが減りました。

次に、使い捨て手袋の着用です。

これは、トイレ掃除だけでなく、お風呂場とか洗面所とかの掃除の際も活躍しています。

掃除のハードルがめちゃくちゃ下がるので、使い捨て手袋を使っていない人に、とってもオススメしたいです。

簡易トイレブラシを作ったことも有効でした。

自分にとって嫌なことは出来る限り無くした方が、何事も取り組みやすいです。

トイレ掃除に限らず、うまくいかないことに対して「何が嫌なのか」を考えてみると良いと思います。

emi
emi
それでは、emi(@gtbb250)でした