読書

図書館に本を寄贈した話

初めて「図書館に本を寄贈する」という体験をしました。

この記事では、図書館に寄贈するに至った経緯や、寄贈して感じたことを書いています。

この記事をきっかけに、読み終わった本をどうするかという選択肢の一つに、図書館に寄贈することが入れば良いなと思います。

売るための行為が面倒くさくなった

図書館を利用するようになってから本の購入自体が減ったものの、依然として手元に本を残すことは多くありません。

「本を捨てるのはなぁ」と思い、メルカリで売ったり、買取王子で売ったりしてきましたが、売るためのコメントのやり取りや、梱包の準備、集荷のために待っている時間等々、段々と面倒くさくなってしまいました。

また、梱包資材や、段ボールを配達してもらい、また集荷にきてもらうことに関わる資源を削減することができたら…とも思うようになりました。

自分が動くだけで、読み終わった本を捨てずにすむ方法、それが図書館へ寄贈することでした。

とまぁ、自分本位な理由で図書館に寄贈することを決めました。

図書館に本を寄贈して感じたこと

説明を受けた後、書類を書いて本を渡したら完了です。

思っていたよりあっけなく終わりました。

売っていたときと比べたら、もちろんお金にはなりませんが、いつもお世話になっている図書館に貢献できた気がして嬉しかったです。

また、何だか難しそうに思えていたことも、やってみればそんなことなかったってあるあるなのかな?これからも経験コレクターとして、経験値を積んでいくぞと思いました。

二回目の寄贈も経験済み

二度目の寄贈をしました。

一度書類を書いて説明を受けているからか、本を渡して終了でした。

一回目よりも、さらに早く受け渡しが完了しました。

本をどうするかは図書館に一任しているので(一回目の説明後、書類に記入する)、本の行方は分かりませんが、私が寄贈した本たちも誰かに読まれているのでしょうか。

そんなことを考えるとちょっと楽しい気分になりますし、もっと本を丁寧に扱って寄贈しようとも思いました。

今後も、手元に残す本以外は図書館に寄贈する予定です。

このブログの運営者emi( @gtbb250 )への 質問・リクエスト・メッセージなどは、お気軽に「マシュマロ(匿名メッセージサービス)」まで。