読書

書評『マンガでよくわかるエッセンシャル思考』無駄に気づくことがエッセンシャル思考の始まり

『マンガでよくわかるエッセンシャル思考』という本を読んだので、書評記事を書きます。

読了:『マンガでよくわかるエッセンシャル思考』

本の情報

  • タイトル:マンガでよくわかるエッセンシャル思考
  • 著者  :グレッグ・マキューン (著), 星井博文(シナリオ制作), サノマリナ(作画), 髙橋璃子 (翻訳)
  • 出版社 :かんき出版
created by Rinker
¥1,404
(2019/01/23 15:52:55時点 Amazon調べ-詳細)

読もうと思った経緯

もともとは漫画でない方の『エッセンシャル思考』を読もうとしたことがあったんですが、読むのに疲れてしまって途中で投げ出しました。

しばらくすると、漫画版が出たので「これであの本が理解できるかも」と思い購入。

折に触れて読み返す本となり、1年に最低1回は読んでると思います。

本の内容

99%の無駄を捨て、1%に集中する! 本当に重要なことを見極め、それを実現するためのシステマティックな方法論「エッセンシャル思考」を、小学校教師が主人公のストーリーマンガを交えて紹介。

  • 99%の無駄を捨て1%に集中することで最大限の成果を得よう

感想:『マンガでよくわかるエッセンシャル思考』

本当に重要なことはめったにない

これは、生きていく上で覚えておくと上手くいくことの一つだと思います。

たとえば嫌なことが頭から離れないとして、その嫌なことはずーっと考えていないといけないほど自分にとって重要なことなのか?と自問自答すると、きっと他に大切にしたいことが出てくると思うんですよね。

自分にとって本当に大切なことって、あれもこれも無いということを知ること・気づくことは、自分を守ることにも繋がると『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。』を読んで思いました。

エッセンシャル思考ってブログ界隈で見かける本だったから、どうしてもブログに応用しがちだったけど、もともとは人生を良くするための本だったよねと思った次第です。

関連記事:書評『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。』自分を守るためにできることとは

やることを減らし、人生をシンプルにする

「99%の無駄を捨て1%に集中することで最大限の成果を得ること」が本書のメッセージなので、当たり前と言えば当たり前かもしれない。

しかしながら「減らすこと」「シンプルにすること」は難しいなと年々思うようになっています。

モノに限った話ではなく、人間関係とか固定観念とかそういうのも含めて。

隣の芝生は青いじゃないですけど、すごいなぁと思う人と比べて自分にもやってみようと取り入れてみたりすることもあるんですが「やっぱり何かが違うな」と言うのが最近の気持ちです。

年を重ねてきて、ある程度自分の得意不得意は分かるようになってきたのかもしれない。

不得意なことを、そろそろ積極的に取り組むことはやめて、得意なことや好きなことに力を入れていこうと思います。

基準をとことん厳しくすれば迷わない

『うまくいったやり方から捨てなさい』という本を読んで「もったいないと思ったら捨てる」を実践中です。

この基準もなかなか厳しいと思いますが、

  • 基準を持つと、導き出される答えがシンプルになる
  • 基準を厳しくすると、答えを導き出すまでがシンプルになる

ということを実感しています。

関連記事:書評『うまくいったやり方から捨てなさい』捨てることで人生が変わる

シンプルだけど継続して実践することが難しい「エッセンシャル思考」

created by Rinker
¥1,404
(2019/01/23 15:52:55時点 Amazon調べ-詳細)

「99%の無駄を捨て1%に集中することで最大限の成果を得る」ために必要なことって、一言でまとめると減らしていくことに他なりません。

簡単な話だけど、日々のあれこれに埋もれて忘れてしまいそうになります。

エッセンシャル思考は、思い出したように実践するだけではダメで、絶えず問い続けることが大事だと書かれてありました。

2019年のキーワードの一つに「問い」があるので、特にエッセンシャル思考を意識して生活していきたい1年です。

『マンガでよくわかるエッセンシャル思考』を読んで、以下に取り組みたいと思います。

  1. 自分の基準にしたがって、選考漏れは捨てていく
  2. どのような時でも「エッセンシャル思考」を思い出して決断する
emi
emi
それでは、emi(@gtbb250)でした