暮らし

嫌なことを分解すると、生きやすくなる。好きなことより苦手なことを見つけよう。

昔から「継続ができない」と思っていて、そんな自分が嫌だったんですが、よくよく考えてみると「継続ができない」のではないことが分かりました。

自分がマイナスに捉えていることを分解していくと、本当に苦手としていることが分かります。

苦手なことが分かったら、対策を立てたり、違う分野で活かすことも可能です。

「生きやすくなったな」と思うことの一つに、間違いなくマイナスに思うことを分解してみることが入ります。

本当に苦手なことを見つける

幼いころから「三日坊主」「継続ができない」と周りから言われていたし、自分でも「継続ができないなぁ」と思っていました。

継続する必要がないものについては別にいいけど、継続しよう!と思ったのに出来ないと落ち込みます。

それでも仕方ない…と生きてきたのですが、退職してから時間だけがたくさんあったときに色んなことを考えました。

そのうちの一つが、継続ができないのではなく、継続するには条件がいるということでした。

「なんで、継続ができないんだろう?」

自分に問いかけてみた答えをまとめると、管理能力が低いから継続できないんだということが分かりました。

逆に言えば、管理能力が低い自分でも出来るように対策を立てれば継続ができることになります。

本当に苦手なことを見つけてからが本番

管理することが苦手だと気付いてからは、改善したいことや新しく取り入れる何かについて、「管理できていないのでは?」「管理できるのか?」「管理するならばどうしたらいいだろうか?」と考えられるようになりました。

分解していって核となる苦手なことが分かれば、対策を立てやすいです。

色んなものが削ぎ落されていってシンプルになるからかな?

マイナスに思うことと一度向き合って、「なんでだろう?」と問いかけてみてください。

中には「なんとなく」もあるかもしれませんが、そう多くはないと思います。

このブログの運営者emi( @gtbb250 )への 質問・リクエスト・メッセージなどは、お気軽に「マシュマロ(匿名メッセージサービス)」まで。