アプリ

カメラアプリFoodie(フーディー)が簡単に加工できておすすめ

もはや写真撮影に加工が欠かせない時代になりました。

ブログ、Twitter、instagram、いずれも写真を加工してから投稿しています。

いくつかダウンロードしてみたものの、簡単かつ良い感じの写真に出来上がるのは「Foodie(フーディー)」だなぁと思いました。

この記事では、Foodieをおすすめする理由について書いていきますので、参考にして下さい。

Foodie - 生活のためのカメラ

Foodie – 生活のためのカメラ

SNOW INC.無料posted withアプリーチ

写真加工アプリ Foodie がおすすめな理由

フィルターをかけた状態で撮影できる

撮影する段階でフィルターがかかっているので、出来上がる写真のイメージがしやすいです。

撮影が完了したら、フィルター有無の写真がそれぞれカメラロールに保存されるので、撮ったらすぐ投稿したいときに便利です。

また、前回の撮影時に使ったフィルターの状態でカメラが起動するので、何も考えずに統一感のあるフィルター写真を撮ることが出来ます。

46種類の加工フィルターがあるみたいなので(2018現在)、お気に入りのフィルターが見つかるはずです。

もちろん、後から既存の写真をフィルターにかけて加工することもできますよ。

シャッター音が鳴らない

なんと、消音設定もできるという優秀なアプリです。

iPhoneに限らず、スマホのシャッター音って大きくないですか?

ブログ用にたくさん写真を撮りたいけど、静かな場所でシャッター音を鳴らしながら写真をたくさん撮るのは気が引けますよね。

そんなときに重宝しているアプリです。

細かい加工もできる

フィルター以外にも、明るさやコントラストなど、細かな設定もすることができます。

そして、その設定をアプリ内に保存することができるのです。

どんな加工をしたか忘れがちな人(私)にも優しい…。

Foodieを使った加工前と加工後

ビフォー、アフターを載せています。

既存の写真を、「フィルターのみ」「フィルター+詳細設定」で加工してみました。

フィルターは「RO4」で、詳細設定は以下の通りです。

  • 明るさ    +70
  • コントラスト -50
  • 彩度     -40
  • ハイライト  +50
  • 影      -30

加工前

加工後(フィルターのみ)

加工後(詳細設定)

簡単な加工から凝った加工までFoodieにお任せ

SNSやブログへの写真投稿に欠かせない存在です。

ブログのアイキャッチ画像で写真のものは、全てFoodieで加工しています。

関連記事:かわいいアイキャッチ画像を作るために必要なアプリと素材集を紹介します

有名な加工アプリVSCOは使いこなせませんでしたが、Foodieは直感で使えるデザインでおすすめ。

「スマホはよう分からん」と言っている母も、インストール後は愛用しているくらいなので、使いやすいんだと思います。

Foodie - 生活のためのカメラ

Foodie – 生活のためのカメラ

SNOW INC.無料posted withアプリーチ

このブログの運営者emi( @gtbb250 )への 質問・リクエスト・メッセージなどは、お気軽に「マシュマロ(匿名メッセージサービス)」まで。