コスメ

【口コミ】本当に不器用な人でも「ジェラートファクトリー」のネイルシールで爪は簡単にかわいくなるのか?

韓国のネイルシールブランド「ジェラートファクトリー」を使ってみた感想をまとめました。

実際に使ってみるまでに自分が気になっていたことを中心に書いたので、「ジェラートファクトリー」を買おうかどうか迷っている人の参考になれば嬉しいです。

モチはどれぐらい?

「つけたてそのまま」の状態は4日間続きました。

以降は、爪先から削れたり、爪の根元部分が浮いた感じがしたりしました。

それでもパッと見はきれいに見えます。

「まだ貼っておける状態だけど、自分が我慢できなくなって取った」という口コミも見かけたので、モチへの満足は許容範囲によりそう。

握手会やコンサートなど、イベント時に爪をかわいくできたら…というのが第一基準なので、装着した次の日にはぐちゃぐちゃって状態じゃないだけで私はオールオッケーです。

装着時間は?

  1. ベースコート
  2. ネイルシール装着
  3. トップコート

これで40分ぐらいかかりました。

初めてで戸惑ったからだろうし、2回目以降は短縮できそうな気がします。

簡単に装着できるの?

はい、できます。

不器用な方ですけど、そんな私でも簡単にできました。

成功するポイントは?

専用のトップコートを塗ること

他のトップコートも使われた方がそのように書かれていたので、「ジェラートファクトリー」で販売されているトップコートを使いました。

たしかに、トップコートがないとシールっぽさが際立つ気がします。

爪のサイズより小さいシールを貼ること

これも口コミを見て参考にしたんですが、大正解です。

爪ぴっちりにシールが貼られていなくても、あんまり気にならない。

爪より大きいシールにしてしまうと浮きやすくなるので、商品のサイズが合わない人はハサミで切って使用しているみたいですね。

透明ベースのデザインにすること

ネイルシールのデザインを選ぶ段階で、透明ベースにすれば貼ったときに少々ズレても気になりません。

今回、ワンカラーと透明ベースが組み合わさったデザインにしたのですが、ワンカラーの方はどうしてもシールぽさがトップコートを塗っても目立ちました。

パッと見ただけではもちろん分かりませんが、透明ベースの方が爪に馴染みやすいので、初めてネイルシールに挑戦するときは、透明ベースが多いデザインのネイルシールを選んだ方が良いと思います。

用意しておくと良いものは?

オレンジスティック

斜めにカットされたスティックの先端が、シールを剥がすのにちょうど良かったです。

利き手にシールを貼るときにも、スティックが支えになって貼りやすかったです。

私はセリアで買った「オレンジスティック 10P」を使いました。

ネイルファイル

ネイルファイルが付属されているネイルシールもありますが、小さくて使いづらかったので、ひとつ用意しておいたほうが良いと思いました。

ネイルファイルが付いていないシリーズもあるようですし。

どんなネイルファイルがいいか分からなかったので、「ジェラートファクトリー」のものを購入しました。

ネイルシールを使ってみた感想まとめ

完璧さを求める人には微妙かもしれませんが、「ネイルサロンに行きたくても行けない」「デザイン性の高いセルフネイルは難しい」って私にはピッタリです。

爪がかわいいとテンションあがる…!

今後もリピートしていくと思うので、気付いたことがあれば追記していきます。

Amazonでも買えるみたいですが、はじめての注文だったので公式から通販しました:ジェラートファクトリー(公式)で通販したら、いつ届く?梱包は?|emi journal

通販意外で現地で購入するなら、LOHB’S (ロブス)かOLIVE YOUNG(オリーブヤング)で購入できるみたいですね。

渡韓したらまとめ買いしたいな。

このブログの運営者emi( @gtbb250 )への 質問・リクエスト・メッセージなどは、お気軽に「マシュマロ(匿名メッセージサービス)」まで。