ライフスタイル

入籍までに取り組んだこと|婚姻届の見本では分からなかった「住所」欄と「父母氏名」欄の書き方について

先日、入籍しました(いきなり)。

役所からもらう「見本」では分からなかった以下の事項について、

  • 同棲している場合の【住所】欄の書き方
  • 養子縁組している場合の【父母氏名】欄の書き方

役所の担当の方に確認して教えてもらったので、ブログに書くことにしました。もちろん、色んなパターンがあると思いますので、参考の一つにしてください。

また、今回ミス無く婚姻届を提出できたので、提出するまでの流れについても書いてみました。これから婚姻届を出される方々の参考になれば嬉しいです。

婚姻届を出すまでに取り組んだこと

基本的に届け出日が入籍日となりますが、私たちが入籍したい日は休日だったので、その日のうちにやり直しができません。

かなり慎重に準備して、役所の担当の方からも「このように、ミスのない婚姻届を見ることは少ないです」とお褒め頂きました。

婚姻届を出すまでの流れは、こんな感じです。

  1. 婚姻届をもらう(複数枚)
  2. 必要な書類を準備する
  3. 【証人】欄に記入、捺印してもらう
  4. 分からないことを役所に聞く
  5. ミスがないか、事前に役所で婚姻届を見てもらう
  6. 役所に婚姻届を提出しにいく

婚姻届は最低2枚以上もらっておくと良いです。1枚目で間違えたので、そちらを練習用としました。

私は直接 役所に行きましたが、電話でも受け付けてくれるかもしれません。確認されてみてください。事前に確認したこと、書き終えたものを見てもらったことが、ミスなく提出できた理由だと思います。

準備期間はだいたい1週間でした。①~⑥を最速で終わらせると3日ぐらいだと思います。

同棲していて世帯主が違う場合【住所】欄の書き方

私と同居人は、一緒に暮らし始めて2年ほどたっての入籍でした。同棲するにあたり、世帯主は各個人としたので【住所】欄の書き方に迷いました。

【住所】欄には、住民票に記載されている住所と世帯主を書くので、

住所 ################ 左に同じ
世帯主の氏名 ○○ △△△ △△ □□□

こんな感じで、同じ場所に住んでいるので住所は「左に同じ」と省略し、世帯主はそれぞれの名前を書いてくださいとのことでした。

養子縁組している場合【父母の氏名】欄の書き方

私は父と養子縁組していて、父の戸籍に養女として入っています。【父母の氏名】欄に、父(養子縁組している)を書こうと思っていたのですが、一応 担当者の方に聞いてみました。

戸籍をあげたときに、自分の戸籍に「父」「母」の項目があると思います。それが婚姻届で【父母の氏名】欄に書く名前だそうです。

養子縁組している父母の氏名は、特記事項に続柄とあわせて書きます。

今の父親(養子縁組している)が私にとっての「本当の」父親だと思っているので、婚姻届で書く「父」には会ったこともない血のつながりだけがある人を書くのか…と少し戸惑いましたけど…。

結論、事前準備をしっかりすれば大丈夫

婚姻届を記入する上で、ネットで調べても分からなかったことを書いてみました。提出先の役所への確認はお忘れなく、お願い致します。

そういえば、一人で婚姻届を提出しに行ったのですが、「なぜ一人で来たのか」と聞かれ「相手の電話番号を書いておいてください」と言われたぐらいで、特に問題なく受理してもらえました。

しっかり準備して提出したので、問題はないだろうと落ち着いて対応できたと思います。大事だと自分が思うことほど、緊張してうまく行動できないことが多かったので、良い学びとなりました。

もともと同棲していたので、特に何かが変わる感じはありませんが(むしろ同棲を始めたときの方が心の変化あった)、今後も二人で楽しく過ごしていけたら良いなと思います。

——-end——-