読書

フェミニズム入門書を読んでみる

自分のツイッターのTLでは、フェミニズムに関する話が飛び交っています。

2019年からその流れを強く意識し始めて、自分でもあれこれ考えてみているのですが、分からないことばかり。

体系的に学べる本で学ぼうと思っても、「何から読んでいいのか…。」と八方塞がりだったときに『「#KuToo」の石川優実がセレクト!おすすめのフェミニズム入門書3』という記事を読みました。

ひとまず、この記事で紹介されている3冊を読むことにします。

石川優実氏おすすめフェミニズム入門書

「ほとんどない」ことにされている側から見た社会の話を。

美容は自尊心の筋トレ

created by Rinker
¥1,628 (2020/04/04 20:36:59時点 Amazon調べ-詳細)

シモーヌ(Les Simones) Vol.1

created by Rinker
現代書館
¥1,430 (2020/04/04 20:36:59時点 Amazon調べ-詳細)

他のフェミニズム本も読んでみる

「フェミニズム」というジャンルは、読書ポートフォリオにも入れているので、3冊を読み終えた後もたくさん読みたいと思います。

関連記事:「ポートフォリオ読書術」を取り入れることにした

また、数あるフェミニズム本からこの3冊を選んだ理由があると思うので、他のフェミニズム本も読んでみて、考えを巡らせたいです。

このブログの運営者emi( @gtbb250 )への 質問・リクエスト・メッセージなどは、お気軽に「マシュマロ(匿名メッセージサービス)」まで。