暮らし

【予防掃除】コンロの排気口はアルミホイルでカバーする

コンロの排気口、どのように掃除していますか?

ファイル等でノズルを作り掃除機でゴミを吸い出すのが良いみたいなんですが、

  • 面倒くさい
  • 掃除機がない
  • この方法だと油汚れはとれない

ということで、ひとまず予防掃除に取り組み、これ以上汚れを増やさないことにしました。

【Q&A】コンロの排気口を予防掃除するなら

Q.排気口カバーを買う?

created by Rinker
山崎実業(Yamazaki)
¥1,709 (2020/09/29 12:41:39時点 Amazon調べ-詳細)

こういうタイプの排気口カバー、インスタでよく見かけますが、

  • その機能に対しては高いと思った
  • 物が増えることになる

以上2点から、購入するかどうかを迷っていました。

そうするうちに、排気口カバーをアルミホイルで包んで汚れを予防するという方法を知ったのです。

A.アルミホイルで包む!

備え付けの排気口カバーをアルミホイルでふさいでみました。

参考記事:「排気口カバー」は100均「モノトーン」ホイルで可愛く汚れを予防しましょう♪ – めるさんち〜しんぷるISベスト〜

魚焼きグリルを使うときは外さないといけないみたいですが、我が家は魚焼きグリル使わないので巻いたままです。

アルミホイルで排気口カバーを巻いてから3ヶ月経ちますが、特に問題なくコンロは使用できています。

あまりコンロを使わないからかもしれませんが。

年末の大掃除まで同じアルミホイルで良いだろうと思っていましたが、思いのほかベタベタになっていたので取り替えます。

予防掃除で楽をする

すでに汚れている排気口の中は、お手入れ棒とマジックリンを使って掃除しました。

完璧とまではいきませんが、前より綺麗になりました。

今度はコンロの天板自体も外してみようと思います。

重労働な掃除を減らすためには、こまめな掃除(予防掃除)につきますね。

created by Rinker
マジックリン
¥303 (2020/09/29 12:41:40時点 Amazon調べ-詳細)