暮らし

コンロの排気口はアルミホイルで予防掃除

今の家に住み始めてから、穴が空いているカバーの上を拭くぐらいだったコンロの排気口掃除。

掃除の方法としては、ファイル等でノズルを作り掃除機でゴミを吸い出すのが良いみたいなんですが、残念ながら掃除機がないので、過去の汚れはひとまず放置し、未来の汚れを防ぐことにしました。

コンロの排気口カバーQ&A

Q.排気口カバーを買う?

created by Rinker
山崎実業(Yamazaki)
¥1,709 (2020/04/05 15:56:43時点 Amazon調べ-詳細)

こういう商品、インスタでよく見かけるけど

  • その機能に対して高いと思った
  • 物が増えることになる

以上2点から、購入には慎重でした。

そうするうちに、排気口カバーをアルミホイルで包んで汚れを予防するという方法を知ったのです。

A.アルミホイルで包む!

参考記事:「排気口カバー」は100均「モノトーン」ホイルで可愛く汚れを予防しましょう♪ – めるさんち〜しんぷるISベスト〜

この記事を読んで、とりあえず排気口カバーをアルミホイルでふさいでみました。

備え付けの排気口カバー(穴だらけ)の隙間から食材カスが転がり込んでいくこともないし、汚れが取れにくくなったら(今のところないけど)アルミホイルを替えたらいいだけだし。

魚焼きグリルを使うときは外さないといけないみたいですが、我が家は魚焼きグリル使わないので巻いたままです。

予防掃除で楽をする

重労働な掃除を減らすためには、こまめに掃除をするしかないんですよね。

ひとまず見送った、これまでの汚れはいつか向き合います…。

コンロ周りの掃除については⇨キッチン(油汚れ)の大掃除には重曹が効果的

このブログの運営者emi( @gtbb250 )への 質問・リクエスト・メッセージなどは、お気軽に「マシュマロ(匿名メッセージサービス)」まで。