読書

【感想】東山サリー『韓国カフェ巡り in ソウル』

キラキラ可愛い「インスタ映え」、以外の韓国のカフェを紹介しているガイドブックがないだろうか?と探している人へ。

『韓国カフェ巡り in ソウル』が、おすすめです。

著者のあとがきでは、いわゆる「インスタ映え」なキラキラして可愛いものも肯定しつつ、次のように書かれています。

韓国が得意とする、無駄を省いたミニマルで余白のあるシンプルなスタイルが大好き。シックな色使い、大胆な配色、絶妙な抜け感、伝統的な韓国スタイルも好き。

昭和感残るアジアの雑多な雰囲気と、ハイセンスなカフェとのコントラストも面白い

実際に、「インスタ映え」だけに収まらない韓国スタイルの良さを紹介してくれてている本だと思いました。

ガイドブックに感想?って感じではありますが、取り扱うテーマ以外にも好きポイントがいくつもあるので、記事としてまとめておくことにしました。

created by Rinker
¥1,430 (2020/07/03 00:26:31時点 Amazon調べ-詳細)

『韓国カフェ巡り in ソウル』好きポイント

  • 表紙裏の紙が韓国っぽい文様でエンボス加工になっている
  • 色も表紙と違う色(ブラウン)になっている
  • エリアごとにページのアクセントカラーが違うのもかわいい
  • 日本語マップがQRコードがで読み取れるようになっている
  • しかも韓国コネストの地図という安心
  • エリアの雰囲気やアクセスメモがあってイメージを掴みやすい

ただ装丁がお洒落というだけではなく、ガイドブックとしても使いやすいように工夫されています。

著者は、ソウルだけでなく地方のカフェにも足を運び、2年間で約400軒も巡ったそうです。

カフェ巡りをたくさんするからこそ、「これがあると便利」ということが分かるんだろうなぁと思いました。

カフェでだけでなく、巡ったカフェとその周りにあるおいしいレストラン、書店を含め、厳選した100軒が『韓国カフェ巡り in ソウル』には掲載されています。

掲載されているエリアは、

  • 梨泰院
  • 江南
  • 弘大
  • 景福宮
  • 聖水

韓国のシンプルなスタイルが好きな人に

各エリアガイドの終わりにはコラムがあり、紹介したエリアやお店に関係する著者のエピソードが書かれています。

こういうところに、本を書いた人の「らしさ」が感じられて、出版社が出しているガイドブックにはない良いところだよなぁと思いました。

ガイドブックというジャンルに分類されていますが、一般的な本の大きさなので、この本をガイドブックとして韓国に持って行って使うのは難しそう。

韓国カフェへの気持ちを募らせることはできるので、事前準備の情報集めにちょうどいい本だと思います。

旅行のお供というより、現地ではないところで楽しむ本、もしくは現地に行くまでに気持ちを高めるための本といったような。

韓国カフェと言ってもいろんなタイプのお店がある中で、韓国のシンプルなスタイルが好きな人は一度読んでみてください。

created by Rinker
¥1,430 (2020/07/03 00:26:31時点 Amazon調べ-詳細)