学習

【韓国語】今まで使ってきた参考書・文法書の感想

韓国語を勉強するのに使ってきた参考書や文法書を紹介します。

ある程度使い込んだ上での感想を書いていますので、参考書や文法書選びの参考になれば嬉しいです。

ハングル

英語を勉強するときにアルファベットを習得しておくのと同じで、韓国語を勉強するならハングルを習得する必要があります。

各参考書のはじめには、ハングルに関する説明が必ずありますが、別途専用の参考書で勉強した方が分かりやすいと思います。

1時間でハングルが読めるようになる本 (ヒチョル式超速ハングル覚え方講義)

文字の形から似たものを連想して覚える(ㄱはカマに似ているからkの発音)という方法なんですが、最後まで読んでも頭に入ってこないまま終わりました。

アルファベットと同じで覚えるしかないこと、有名な本でも合う合わないがあることを学びました。

created by Rinker
学研パブリッシング
¥1,100 (2020/04/05 15:26:22時点 Amazon調べ-詳細)

目からウロコの ハングル練習帳 (基礎から学ぶ語学シリーズ)

覚えるしかないハングルを、難易度の低いところから教えてくれます。

最終的には覚えるしかないんですが、練習問題をはさみつつ学習していけるので、私には合っていたようです。

発音の練習まではこれ1冊では難しいと思いますが、ハングルは読めるようになります。

文法

CD付 7日でできる! 韓国語ゆるレッスン

7日でもちろん韓国語はできません。

韓国語ってこんな感じなんだな~~と知るのには良いかもしれません。

しっかり勉強することを決意している場合はいらないかも、と思いました。

created by Rinker
高橋書店
¥1,375 (2020/04/05 02:22:40時点 Amazon調べ-詳細)

新ゼロからスタート韓国語 文法編

誤字脱字も多く使い勝手は悪いので微妙な文法書だと思いましたが、文法事項によって接続の仕方が大まかに3つあるよ、って話が参考になりました。

  1. Ⅰ・・・語幹にそのまま接続
  2. Ⅱ・・・パッチムの有り無しで変わる
  3. Ⅲ・・・陽母音と陰母音で変わる

他の参考書で勉強するときも、この分類方法に当てはめています。

ゼロからしっかり学べる!韓国語 文法トレーニング

一番始めの練習ページで確信するぐらい、「学習して→練習する」という流れが本当にうまく出来ている本だと思います。

学習していない単語や文法は出ない、出すとしても新出単語に載っている、という丁寧さ。

たくさんの韓国語学習者がこの本を購入する気持ちが分かりました。

ただ、説明部分が少し物足りなかったので、練習問題をメインに使った方が良さそうです。

絵で学ぶ韓国語文法: 初級のおさらい、中級へのステップアップ

説明が分かりやすいです。

項目ごとの学習内容の量も、詰め込みすぎず丁度良いです。

文法ごと(この章は過去とか)に分かれているのも、いま何を勉強しているかが分かって良いと思います。

勉強において「何を学習しているのか」を明確にしないと、頭の中がとっちらかるタイプなので有り難いです。

レビューを見ていても、

  • イラスト
  • なるほど君
  • お悩み解決コーナー

この3つがよく褒められている点ですが、私も同じように思います。

イラストが難しくないよ感を出してくれているし、なるほど君はつまずきやすいところをアドバイスくれるし、お悩み解決コーナーでは何となく分かっているようで分からない部分(합니다体と해요体の使われ方など)を教えてくれます。

ただ練習問題が少なくて、物足りないんですよね。

はじめに勉強するなら『絵で学ぶ韓国語文法: 初級のおさらい、中級へのステップアップ』の1冊で良いんじゃないかってぐらい気に入っていますが、学習内容を落とし込むには練習が必要だと思うので、参考書として使うのが良さそうです。

まとめ

参考書を追加購入したら、随時更新していきます。

いまの目標は、『ゼロからしっかり学べる!韓国語 文法トレーニング』と『絵で学ぶ韓国語文法: 初級のおさらい、中級へのステップアップ』を最後まで学習しきること、内容を理解することです。

そうしたら、次は中級の参考書を購入する予定。

ハン検5級に向けて勉強中なので、そちらも検定が終わったら追加します。

このブログの運営者emi( @gtbb250 )への 質問・リクエスト・メッセージなどは、お気軽に「マシュマロ(匿名メッセージサービス)」まで。