読書

書評『うまくいったやり方から捨てなさい』捨てることで人生が変わる

『うまくいったやり方から捨てなさい』という本を読んだので、書評記事を書きます

読了:うまくいったやり方から捨てなさい

本の情報

  • 「うまくいったやり方から捨てなさい」
  • 椎原 崇
  • サンマーク出版
created by Rinker
¥1,512
(2019/09/15 21:39:31時点 Amazon調べ-詳細)

読もうと思った経緯

「うまくいったやり方から捨てなさい」というタイトルに惹かれました

うまくいった方法を見つけ出して、それを繰り返すことが成功(より良く)していく秘訣だと思っていたので「自分の考えと違うし、面白そうだ」と読んでみることに



本の内容

うまくいく人は「軽々と楽しそうに捨てられる人」。「自分の人生の本当の目的を知るコンサルティング」が話題の著者が、「捨てられる自分」になる方法を伝授する。人生のステージを変えていくためのヒントが満載。

  • 人生のステージが変わるとき、今までうまくいったやり方を捨てることになる
  • (古い考えを捨てることで、人生を変えることができるとも言い換えられる)

感想:うまくいったやり方から捨てなさい

「もったいない」と思ったら真っ先に捨てる

  • 本当に大切なものに対して「もったいない」なんて思うことはない
  • もったいないと思うのは「損したくない」という気持ちからきてる

自分でも、新しいステージに向かおうとしている感じがしているので、いま「もったいない」と思うことがあれば、その対象が何であれ思い切って捨てていきます

何かを捨てることによって自分を取り巻く状況は少なからず変わるわけで、その波に上手に乗れた人が「捨てたら人生変わった」って言うんだろうなぁと思いました

「言ったことに責任をもて」は罠だと気づく

  • 過去から変化して当たり前
  • 自分の「今」に注目する

「言ったことに責任をもたないと」「いまさら変えてはだめだ」って、些細なことにも思ってしまいがちです

自分で自分を縛ってるだけなのに

もっと気軽に自分の思っている「今」を発信していこうと思わされましたね

自分の「理想」が「当たり前」になっている人を探す

  • 人生を変えたいと思ったら「当たり前」を変えていく
  • 理想の人の「当たり前」に触れることで、自分にとっての「当たり前」となる

「当たり前」って何がキッカケで変わるか分からないですよね

自分自身、仕事をやめたことで「毎日 働く」という当たり前がなくなりました

環境による影響で人は変わると思っているので、自分の理想とする人の真似をどんどんしていきます

いまが捨て時なのかもしれない

created by Rinker
¥1,512
(2019/09/15 21:39:31時点 Amazon調べ-詳細)

幼い頃からの夢だった仕事を途中退職して、いまは働き方も仕事内容も異なる職に就いて…

いまが人生を変えるタイミングなのかもしれないなぁと思いました

『うまくいったやり方から捨てなさい』を読んで、

  1. 身の回りを整理する(捨てていく)
  2. 「今」を発信していく
  3. 理想を今にインストールする

以上3点を取り組んでいくことにしました

emi
emi
それでは、emi(@gtbb250)でした