コスメ

【口コミ】ルルルン「クレンジングジェル」を使ってみたのでレビューする

株式会社グライド・エンタープライズ様から商品提供をいただいて、ルルルンのクレンジングジェルをモニターさせて頂きました。

ルルルン クレンジングジェル – ルルルン クレンジング【公式】

ルルルンと言えば、シートマスクが有名ですよね。

ルルルンのシートマスクは、他のブランドのシートマスクと比べて、保湿力・シートマスクの形・入れ物からの取り出しやすさ等々で「失敗がない」イメージです。

平均点は必ず出すよってイメージがルルルンにはあったので、どんなクレンジングジェルを出しているんだろうと気になって、モニターに応募してみました。

ルルルン「クレンジングジェル」:商品説明

created by Rinker
LULULUN(ルルルン)
¥1,600
(2019/11/15 20:05:39時点 Amazon調べ-詳細)

  • 商品 :ルルルン クレンジングジェル
  • 価格 :1500円 (税抜)
  • 発売日:2018年10月26日
  • 内容量:200g

クレンジングジェルのポイントは3つあって、

  1. オイルフリー
  2. マイクロゲル構造
  3. 美容成分

③の美容成分は、どんな成分かというと、

  • 進化型パパイヤ酵素…青パパイヤの実から抽出した天然酵素が古い角質を洗い流し、お肌になめらかさと明るさを与えます。(古い角質を取り除くことによる)
  • アースマリンウォーター…フランスのノワールムティエ島の海底から湧く、ミネラル豊富な海水。お肌にピンとしたハリを届けます。
  • ミニポリル…肌悩みの原因になる毛穴にアプローチする、赤クローバーの花から抽出したエキス。(メイクや汚れの除去効果により毛穴を目立ちにくくする)

初めて聞く成分だなと思いつつ、1週間ほど使ってみたのでレポします。

ちなみに、現在ルルルンから発売されているクレンジングは2種類あります。

  1. クレンジングバーム(しっかりメイクの日に)
  2. クレンジングジェル(ナチュラルメイクの日に)

ルルルン「クレンジングジェル」:使ってみた感想

私の肌スペック:乾燥肌寄り

クレンジングに求めること:メイクがきれいに落ちる、乾燥しない

……ポンプが押しにくい!

ジェル自体が粘り気というか弾力というか、固さを少し感じるジェルなので、ポンプから出にくいんだと思いますが。

ポンプを一度押して、ノズルが上がりきるまで待たないと、適量が出てきません。

地味にストレスでした。

このプルプルしたジェルの質感はマイクロゲル構造によるものみたいで、これは良いなと思いました。

メイクとクレンジングを馴染ませるときに、どうしても指に力が入っちゃうんですけど、これ使ってるときは「あ~、こすっちゃってるな」と思うことはなかったんですよね。

ねっとりしてるから、肌|ジェル|指といったようにガードして、摩擦を減らしてくれているように感じました。

とまぁ、使ってるときは良いんですが、お風呂から出た後ですよね。

乾燥します、かなり。

ルルルンのクレンジングジェルは、2~3回のプッシュを適量としているんですが、「足りるわけないでしょ!!!」って思って10プッシュぐらいして使ってたので、適量に戻してみたり、メイクを馴染ませる力をもっと優しくしてみたりと、工夫してみてもお風呂上りの乾燥は免れませんでした。

でも、ジェル自体の洗浄力が強いわけではなさそうなんですよね。

公式も2種類あるクレンジングのうち、クレンジングバームをしっかりメイクの日に、クレンジングジェルをナチュラルメイクの日にと言ってるぐらいなので。

実際、クレンジングジェルの適量を公式通りにしたら、アイライナーが落ちてなかった。

腕で試してみたも、ポイントメイク類は落ちにくかったです。

ポイントメイクリムーバーで落とす方が肌には優しくて良いことだとは分かってるけど、めんどくさいときはガッと落としてしまいたくなりますよね…。

そんなときは使えなさそうだな。

ルルルンのクレンジングジェル、正直な感想として私には合わなかったです。

肌が回復したら再挑戦して評価したい

created by Rinker
LULULUN(ルルルン)
¥1,600
(2019/11/15 20:05:39時点 Amazon調べ-詳細)

他の人の感想見てたら、乾燥肌や敏感肌におすすめ!とありましたが、個人的にはおすすめできないと思いました。

乾燥肌寄りで、現在 肌状態も悪い私が使ってみて、とても乾燥を感じたので…

クレンジングに求める「洗浄力」「潤い」も満たされなかったので、リピートはないですね。

ただ、いつもの肌状態より悪いのは自分で自覚しているので、肌の調子が戻ってきたら、再挑戦してみて、追記したいと思います。

emi
emi
それでは、emi(@gtbb250)でした