コスメ

ビュラバでも認定された!刺激のないクレンジングオイルと噂の【ピュア クレンジングオイル|Manyo Factory】をレビュー

魔女工場(Manyo Factory)|Pure Cleansing Oil(ピュア クレンジングオイル)を購入しました。

「ビュラバ」という、めちゃくちゃ厳しい基準で化粧品の善し悪しをジャッジする番組で選ばれたそう。

ランキング1位が自分に合うとは限らないと思っているけど、やっぱり気になることは確かなので…。

ちょうど使っているクレンジングも無くなりそうだったので、購入してみることにしました。

「目が痛くない刺激のないクレンジングオイル」として販売されている【魔女工場|ピュア クレンジングオイル】を使ってみた感想を書いていきます。

【魔女工場|ピュア クレンジングオイル】について

購入方法

Qoo10に公式サイトがあるので、そちらから購入することができます。

[Qoo10] – ネット通販|eBay Japan

WWW.QOO10.JP

決済方法

VISA, MasterCard, JCB card, PayPal, コンビニ決済, Suica決済, フレッツ・まとめて支払い, 銀行振り込み, ネットバンキング, Edy決済, Qサイフ

価格

販売価格は2,899円ですが、タイムセールで2,299円になっていたり、クーポンが使えたら更にお安くなったりします。

送料無料なので、大体2,500円前後で購入できると思います。

発送や梱包

注文日から約4日で届きました(3月29日~4月2日)。

商品の入庫→発送の流れが速いので、他の韓国コスメ通販サイトと比べたら、かなり早い方だと思います。なのに、梱包は丁寧です。プチプチの緩衝材でぐるぐる巻かれています。

マニョでは2回目の注文なんですが、前回も発送が早く梱包が丁寧でした。

「ちゃんと商品が届くのか」「商品が潰れていないか」等は、海外コスメ通販では気になるところだと思うんですが、マニョは心配いらないです。

【魔女工場|ピュア クレンジングオイル】の使い方

  1. オイルとメイクをなじませる
  2. 水をつけて、乳白色になるまで馴染ませる

【魔女工場|ピュア クレンジングオイル】の感想

肌スペックとクレンジングに求めるもの

水分・油分ともに少ない肌だと認識しています。肌がゆらいでいて(おそらく加齢、花粉のせい)、ピリつきも感じる今日この頃です。

クレンジングに最低限求めるものは3つだけ。

  1. きちんとメイクが落ちること
  2. 刺激がないこと
  3. クレンジングに時間がかからないこと

(1)はクレンジングの役割ですから当たり前として、生理前等で肌がゆらぐ時でも使えるかどうかで(2)は大事、(3)は面倒くさがりな為に必要、といったところで設けている基準です。

「目が痛くない刺激のないクレンジングオイル」という【魔女工場|ピュア クレンジングオイル】に期待大です。

使い心地良好

さらさらで、黄色のオイルですハーブっぽい香りとオイルっぽい香り(?)が混ざった感じの匂い。

[下地+(コンシーラー)+パウダーファンデーション]って感じのベースメイクですが、落ちは良好でした。

ペリペラのマスカラは、やはり落ちなかったですけど…ㅎㅎ

ペリペラ最強説☞ペリペラ[ インクブラックカラ ]は滲まないし落ちないプチプラマスカラだった!

肌がゆらいでいると、クレンジング後から乾燥(ピリつき)を感じるんだけど、そんなこともなく、でした。

あとは、コスパと付加価値をチェックしていきたいと思います。

使い終わり

coming soon…

ビュラバ認定のクレンジングオイル

商品の箱に認定マークがたくさんついていたので、韓国の色んな口コミサイトで評価が高いんだろうなぁと思います。

ちなみにビュラバでは、manyo以外にDHCのかの有名なオイルクレンジングが選ばれていたそうです。

高校生のとき使ってたな~~。久しぶりに使いたくなりました。

——-end——-