ライフハック

海外ドラマで見かけるみたいにサクッと受診すれば良かった話

もしかすると私の病気の記録が誰かの役に立つかもしれないので、「あのとき、すぐに行動に移せていたら、…」と後悔していることを書きます

私は行動に移さなかったことで、(自分的に)良くなるまでに時間がかかりました

この記事を読む人がそうならないことを祈ります

今の自分には関係ないかも、と思っている人にも読んでほしい記事です

人はいつ心の調子が悪くなるか分かりませんから




自分に合う先生を見つけよう

職場が原因で情緒不安定になった私は、家から近い場所にある心療内科に行きました

診断書を書いてもらい(診断名は分からない)、職場をやめる手続きをして7月末に退職

退職する前後の2週間ほどは私にとっての暗黒期で、泣くか眠るかしか出来ませんでした

  • 心療内科の先生と合わなくて通院を拒否
  • 薬も効かないじゃないかと服用を拒否

と、良くなるためにすること全てを受け付けず、彼以外を遮断するような状態でした

当時はTwitterやブログなど、自分の好きなこともできませんでしたね

いま振り返ると、何かあるたびに行っていた心療内科の方へ行けば良かったと思います

この経験の結果、自分に合う先生を見つけることが大事!ということが分かりました

調子が悪いなと思ったらすぐに予約しよう

私の母が鬱病で心療内科に通院していたこともあり、心療内科への抵抗は全くありませんでした

「調子が悪くなったら心療内科へ」と母にもよく言われていたことも影響しているのかもしれません

夏頃の絶不調期が過ぎ、彼の地道なサポートのおかげで少しずつ回復してきた私は「一時期 調子が悪くなっていただけだ」と自己診断をくだしました

これが良くなかったですね

この段階ですぐに心療内科へ通院していれば、もっと早くマシになっていたのではないかと今になって思います

自分に合う治療方法を見つけよう

2018年11月、ようやくいつもの先生に診てもらうことができました

診断としては、躁鬱病(双極性障害)の気があるということで、

  • リマース
  • クエチアピン
  • ブロチゾラム

という3種類のお薬をもらうことになりました

いきなり落ち込む自分についていけないという話を先生にはしたので、そのへんを緩和してくれる薬なんだと思います

薬を飲み始めてから、激しい気分の乱高下は落ち着いてきました

何かに取り組む際の「直前になって全部やめたくなる病」も緩和され、先日はアルバイトの面接にまで行けました(今までは直前でキャンセルしていた)

薬を飲むことに抵抗がありましたが、飲むことにして良かったです

これからどうなっていくかは予測つきませんが、先生に言われたとおり「今」に意識を集中させて過ごしていけたらいいなと思います

emi
emi
それでは、emi(@gtbb250)でした