ライフスタイル

二人暮らし3年目、家計簿つけはじめました。

今月分のお給料から、家計簿をつけはじめました。

毎日の支出を細かくつけるというよりは、「お金に関することは、この1冊に」みたいなノートを作りました。

この記事では、管理が苦手な私が「家計簿をつける理由」や「家計簿に書いてある項目」についてまとめます。

家計簿をつける理由

  1. 管理をラクにするため
  2. メリハリをつけるため
  3. 貯金するため

いきなり仕事を辞めることになって、今まで感じたことのない経済的不安を味わいました。

精神衛生上、必要なお金というのは存在するなぁと思った次第です。

いまも働くことは難しいので、いまの自分でもできることをしたいと思って、お金を整えることを頑張ることにしました。

そのうちの一つが家計簿をつけて、お金の流れを視覚化することです。

本当はこういうの苦手なんですけど、最近ちょっと頑張りたいって欲が出てきたので、それに乗っかりたいと思います。

項目はこんな感じ

家計簿的なノートに書いてある項目は、以下の通りです。

  • 貯金目標
  • イベントスケジュール
  • 元になるリスト
  • 月毎の収支と目標
  • スライド式のカレンダー
  • 絶対買うやつ
  • 気付いたことのメモ
  • 買おうと思ってるもの
  • 使い始めと終わり
  • 光熱費

私のように「ノートはきれいに書きたい~~~ㅠㅠ」って人は、ふせんで仮書きするのをおすすめします。

項目はこれだけありますけど、実際にノートに書き込んでいるのは半分も満たないです。

少しずつ調整していって、自分の書きやすいノートに仕上げるつもり。

手帳と揃えてロルバーンにした

「ノートに書くの面倒くさいな」って思ったら、そこからずるずると開かない日々が続いてしまう…!

そう思ったので、テンション上がる可愛いノートを用意しました。

手帳と同じロルバーンLサイズ。

置き場所にも工夫して、手帳は毎日見るって習慣づいてきたから、そこと同じ場所に置いてます。

このブログの運営者emi( @gtbb250 )への 質問・リクエスト・メッセージなどは、お気軽に「マシュマロ(匿名メッセージサービス)」まで。