読書

本棚を見ればその人が分かる!あなたはどんな人?

「モノマリスト」という考えを知ってから、モノの選び方について考えるようになりました。

「モノの選び方は、その人の生き方や考え方に直結するというのが私の持論。自分で考え、本当に良いと思ったモノのみを選択する。モノ選びは自分らしい人生を歩む第一歩です」

選んだモノたちが自分を表すならば、手元に残している本も自分を表していると言えますね。

「本棚を見れば、その人が分かる」なんて言いますし。

また読み返すために手元においてある本ってどんな本ですか?



emiが手元に残してある本

幾多の断捨離を乗り越えて手元に残っている本を紹介します。

SURI COLLECTION

世界一、ファッショナブルなエチオピアの民族「スリ族」。花、葉、実、土、茎、枝…。裸の体を地球上でもっとも鮮やかに彩る「スリ族」を写し出した、ヨシダナギ初の写真集。

created by Rinker
¥3,672
(2018/10/17 04:20:32時点 Amazon調べ-詳細)

写真に写る青空が好きで、ときどき見返しては癒やされています。ダイナミックな写真集です。

ami

シャーペンより えんぴつが また好きになった にぎったかんじが なつかしくて あたたかくて(「えんぴつ」より) 時間を超越した言語感覚と、笑わない女の子のイラストレーションが鮮やかに響き合う詩集。

created by Rinker
¥1,620
(2018/10/17 04:20:33時点 Amazon調べ-詳細)

尖った言葉選びに、宇野亜喜良氏のイラストがハマっています。装丁も好きな詩集です。

超訳枕草子 王朝ガールズトーク×イラストエッセイ

「なんで、オトコってどーでもいいオンナにもイイ顔するワケ?」 今も昔もかわらない、独身乙女の微妙なココロ。古典の名作「枕草子」。めくるめく平安絵巻が、ぶっちゃけトークとおしゃれなイラストでよみがえる。

古典作品も、才ある人の手にかかればこんなにも素敵な形でよみがえるのか!と驚いた本。

この本を見かけて以降、古典作品×現代が好きなテーマの一つとなりました。

マンガでよくわかるエッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

99%の無駄を捨て、1%に集中する! 本当に重要なことを見極め、それを実現するためのシステマティックな方法論「エッセンシャル思考」を、小学校教師が主人公のストーリーマンガを交えて紹介。

created by Rinker
¥1,404
(2018/10/17 04:20:34時点 Amazon調べ-詳細)

もとの「エッセンシャル思考」を読んだときは挫折して、最後まで読み切ることができませんでした。

こちらはマンガで分かりやすく説明してくれています。

こちらの本は、私にとって切り替えスイッチのようなものです。

うまくいかないときに読むと、「よし!仕切り直そう!」と考えが切り替わります。

すみれの花の砂糖づけ

「すみれの花の砂糖づけをたべると/私はたちまち少女にもどる/だれのものでもなかったあたし」。恋人と心のまま体を重ねもするし結婚をしているしどこへでも旅することができる。大人の自由、大人のよろこび。だけど少女のころ、一人決然と向きあった、ままならなさ、かなしみは、変わらず健全ではないか!―言葉によって勇ましく軽やかな、著者の初の詩集。

created by Rinker
¥637
(2018/10/17 04:20:34時点 Amazon調べ-詳細)

言葉選び、ひらがなのバランス、世界観の構築、どれをとってもすごいなぁとしか思わないし、何より圧倒的自由を感じさせます。

こちらはブログ読者の方からプレゼントして頂き、大切に読み返しています。

あなたの手元に残している本はなんですか?

夕さんが手元に残している本

人生をともに歩んできた2冊の小説」ということで、夕さん(@yjam026)が実家から出るときに持って行った小説2冊を紹介してくださいました。

小説を読み返すことが無いに等しい私。

「人生をともに歩んできた」というタイトルにグッとひきつけられました。

どちらも未読の本でしたが、夕さんの根っこにある小説ということなので、きっと雰囲気がよくて包まれているような気分になる小説に違いないと思っています。

手元に残している本、教えてください

皆さんにも、幾多の断捨離を乗り越え、手元に残ってきた本があると思います。

そんな本たちをぜひとも教えて頂けませんか?

以下の条件で、教えても良いよ~って方がいましたら、

  1. ブログ記事にしてあること
  2. 相互にリンクを貼って良いこと

emi(@gtbb250)までDMくださいませ。

その際は、

  • お名前
  • 該当記事のタイトル
  • 該当記事のURL

教えてくださいね。ご応募お待ちしております!