読書

書評『わたしらしさを知る マイノートのつくりかた』簡単に始められるノート術

『わたしらしさを知る マイノートのつくりかた』という本を読んだので、書評記事を書きます。

読了:『わたしらしさを知る マイノートのつくりかた』

本の情報

  • タイトル:わたしらしさを知る マイノートのつくりかた
  • 著者  :Emi
  • 出版社 :大和書房
created by Rinker
¥1,296
(2019/04/22 02:36:49時点 Amazon調べ-詳細)

読もうと思った経緯

もともとEmiさんの書籍を読んでいて、仕組みづくりが得意な人というイメージがありました。

そんな人がどんなノート術を披露してくれるのか関心があり、読んでみることにしました。

本の内容

衝動買いがなくなった! 自分自身と仲良くなれた! 子育てに役立つ! マイノートとは“好き”を集めた自分の雑誌。整理収納アドバイザーEmiが、誰でもできるマイノートの作り方と使い方を紹介。本体は背表紙なし糸綴じ。

  • Emi氏版 バレットジャーナル

感想:『わたしらしさを知る マイノートのつくりかた』

見返すことが前提のノート術

ペンとノートさえあれば、いつでも始められるノート術、それが「マイノート」です。

自分だけの雑誌を作るイメージで、日々気になったことや思ったことなど、何でも書き留めていきます。

マイノートのポイントは、

  1. 日付を書いておくこと
  2. 自分のコメントを足しておくこと

何となく書き留めていたものが後から役に立つことって大いにあることだと思いますが、「いつ」「なぜ」書き留めたのか分かれば、さらに自分にとって役立つ情報となるはず。

マイノートは、見返したときに最大限の効果を発揮するノート術と言えます。

気軽に始められるノート術

ノート術に関する本を見ていると、凝った内容のものが多いですよね。

しかし「マイノート」は、ノートとペンを用意して日付とコメントを書けば良いだけなので、ハードルが高いです。

私は、「自分が読めたらオッケー」という気持ちで書き殴ってます。

オリジナルな使い方をしている部分もありますが、それができるのも「マイノート」の魅力です。

実践:『わたしらしさを知る マイノートのつくりかた』

おすすめのノートはMARGIN A5 青

ノートはA5もしくはB5がおすすめだと書かれていたので、ライフ「MARGIN A5 青」を購入してみました。

created by Rinker
ライフ
¥832
(2019/04/22 09:38:28時点 Amazon調べ-詳細)

こちらのノートは、ページの左側に薄く線が入っている(余白がある)ところがお気に入り。

日付を書くスペースとして、余白がちょうど良いんですよね。

ノートは保存?処分?

『わたしらしさを知る マイノートのつくりかた』では、つくったマイノートをためていくことを推奨しています。

私の場合、何冊も前のノートを見返すことはないので、1冊使い切ったら処分することにしました。

その代わり、次のノートを使い始めるときは、必ず前のノートで自分が残しておきたいと思った箇所を書き写すようにしています。

そして、何度も書き写している内容はEvernoteに打ち込むようにして、アナログとデジタルを併用するようにもなりました。

関連記事:マイノートとEvernoteのハイブリッドで頭の中を整理する

時系列に沿わない内容は後ろから

マイノートは日付を書き込むので、内容が時系列に沿った形になります。

同じ項目に対して、後から追加記入したいことがあっても書き込みにくいなぁと思ったので、そういうまとまった情報(ほしいものリスト、フューチャーログなど)は、後ろのページから書くことにしました。

わたしらしさは分からないけど、わたしらしいノートにはなった

created by Rinker
¥1,296
(2019/04/22 02:36:49時点 Amazon調べ-詳細)

マイノートって、「バレットジャーナルっぽい」とか「ほぼ日手帳みたい」と思われた方もいらっしゃると思います。

バレットジャーナルやほぼ日手帳は続かなかった私が、『わたしらしさを知る マイノートのつくりかた』を読んで作ったノートは6冊目を迎えようとしています。

タイトルにあるような「わたしらしさ」を知るといった使い方はしていませんが、「わたしらしい」ノートの使い方は出来ているかなと思います。

emi
emi
それでは、emi(@gtbb250)でした