お出かけ

故宮博物院の無料観覧日に「翠玉白菜」と「肉形石」を観てきた

台北の観光名所の一つ、国立故宮博物院では無料で観覧できる日があることをご存知ですか?

通常は350元(2018年1月1日~)で、日本円で1300円ぐらいです。

世界四大博物館である故宮博物院で半日過ごして、夜は士林の夜市にでも…って方には、国宝も拝めて350元は安い!となると思います。

ただ、他にも周りたいところがあって、有名な展示品「翠玉白菜」と「肉形石」が見たいだけだったら無料日を狙うのもおすすめです。

この記事では無料日に実際行ってみた感想を書くので、台湾旅行の一例として参考にしてください。

公式:国立故宮博物院(日本語サイト)

無料観覧日はいつ?混み具合は?

故宮博物院の無料観覧日

故宮博物院の無料観覧日は以下の通りです。

  1. 新暦1月1日
  2. 元宵節(旧暦1月15日)
  3. 5月18日(国際博物館デー)
  4. 9月27日(世界観光デー)
  5. 10月10日(国慶節)
  6. 10月17日(台湾の文化の日)

無料観覧日の混み具合

「無料観覧日って混んでそう」と思われるかもしれませんが、特にそうは思いませんでした。

館内が広いからかもしれません。

たしかに元旦とは言え、たくさんの観光客で賑わっていましたが、「翠玉白菜」と「肉形石」のみなら30分~1時間程度で観覧できました。

有名な展示品とあってか、スタッフの方々が流れ作業で展開させていくので、思ったより待たずに鑑賞することができました。

故宮博物院へ行ってきた感想

「翠玉白菜」と「肉形石」

お目当は、有名な「翠玉白菜」と「肉形石」。

わくわくしながら展示室へ行くと、やはり人気のコーナーだからか、たくさんの人々。

しかし、スタッフさんが流れ作業で回していくので、待機時間は長くなかったです。

観覧時間もそんなにありませんでしたが…。

白菜と豚の角煮のミニチュア版みたいで、思っていたより小さかったのが印象に残りました。

こんなにも精巧に作る技術が、はるか昔からあったのだと思うと驚きを隠せません。

ミュージアムショップ「多寶格」

いろんな種類のお土産がありましたが、人気の「翠玉白菜」をモチーフにしたお土産がやはり多かったです。

展覧会などに行くとファイルとポストカードを購入することにしているので、ここでも例外なく購入しました。

マスキングテープも売ってあったりして、THEお土産屋さん(よく分からない商品だけ売っているようなところ)ではなかったです。

「故宮唱華」

敷地内にはという「翠玉白菜」や「肉形石」を模したお料理を食べられる、「故宮唱華」というお店があります。

時間の関係で行けなかったのが悔やまれますが、ガイドブックを見る限りおいしそうでした。

サクッと観覧なら無料観覧日で十分かも

「観たいのはこれだけ」というのであれば、無料観覧日を狙って行くのもアリかもしれません。

故宮博物院は広くて、全部観て回るなんて到底難しい場所なので…。

他にも行ってみたいところがあり、「翠玉白菜」と「肉形石」のみに絞って観覧する予定だったので、当日 無料観覧日と知ったときはラッキーでした。

台北観光の参考になれば嬉しいです。

台北旅行の記事一覧

蜂巣(ビーハウス)の宿泊感想【台北】蜂の巣モチーフのかわいいホテル台北のホテル「蜂巣(ビーハウス)」に宿泊したときの感想です。台北旅行時に利用したサービスについてもまとめています。...
【台北】「美好年代」で紅茶のタピオカパンケーキを食べてきた紅茶味のタピオカパンケーキが食べられる台北の「美好年代」に行ってきたときの記事です。...