暮らし

効果あり!チラシお断りステッカーを貼ってみた

チラシの投函をお断りするマグネットを購入しました。

最終的に捨てることになるチラシ。

家に持って入るのが手間で、どうすれば減らせるのか考えたり調べたりして行き着いた結果が「お断り」の意思表示をすることでした。

この記事では、チラシお断りマグネットの効果について書いていきます。

効果はあるのか?

効果、かなりあります。

同じ棟で貼っている人はいないし、他の家にチラシを入れた勢いでそのままポストに突っ込まれるかも…と思っていましたが、ピタッと広告が入らなくなりました。

今までどれだけのチラシが入っていたんだろう…と思うぐらい、ポストが空です。

チラシお断りマグネットのサイズ

うちのポストは縦幅が狭いので、マグネットを貼ることで圧迫感があっても嫌だし、サイズは一番小さいものにしました。

CDと比べるとこんな感じです。

貼ってみたら、ちょうどいいサイズでした。

これより大きいと貼れなかったかもしれない。

ポストに貼る位置を決めて、サイズをはかってから、注文することをおすすめします。

また、マグネットが貼れるタイプかどうかも。

どれもこれもしなかったので、サイズは何とか合っていたものの、両面テープで貼り付けることになりました。

こんなことなら、ステッカータイプにすれば良かったなぁと後悔。

本当に買って良かったです。

どうせチラシは捨てることになるのに、家に持ち帰ることや、他の郵便物と分類することが手間に感じられて、どうにかしたいと行き着いた先がステッカーでした。

はじめは玄関にチラシを捨てる用のゴミ箱を設置しようかなど考えたんですが、何か物を増やすのではなく、物をなくす方法を考えたいと思いました。

購入したステッカー(実際はマグネットですが)のようなものでなくとも、マスキングテープなどに文言を書いて貼っておけば、同じような効果を得られるみたいです。

ツイッターで交流のある人が教えてくださいました。

参考にしてみてください。

Amazonだけでも色んな文言や形があるので、家に合ったものを選んでください。

わりと柔らかい文言を我が家では採用しました。

このブログの運営者emi( @gtbb250 )への 質問・リクエスト・メッセージなどは、お気軽に「マシュマロ(匿名メッセージサービス)」まで。