ブログ

SNSとブログの中間のような形でnoteを運営してみる

note、始めてみませんか?

ブログもSNSもそれなりにしている私が、noteでの発信を決めた理由について紹介します。



みんな同じデザインであることがnoteの特徴

例えば、ブログだったらデザインで差別化をはかることができますが、noteはできません。

コンテンツでオリジナル性を出すしかないのです。

このことは、よくnoteのデメリットとして挙げられることが多いですが、私はそうは思いません。

理由は2つあります。

クリエーターと読者をつなぐサービスだから

公式は次のようにnoteを説明しています。

note(ノート)は、文章、写真、イラスト、音楽、映像などを手軽に投稿できるクリエイターと読者をつなぐサービスです。ブログのように使うことも、SNSのように使うことも、コンテンツを販売することも自在に活用いただけます。

デザインに重きをおいているわけではなく、あくまでコンテンツを見せる場であることが分かります。

誰でも気軽に始められるから

何かを始めようとしたとき、自分で作り上げていくってけっこう大変です。

そんなときに、自分のコンテンツを載せるだけで良いサービスがあれば、とても便利だと思いませんか?

SNSとブログの中間として使うnote

特にブログをもともと運営している人からすると、noteってどう使えばいいの?ってなりそうです。

SNSのようにも、ブログのようにも使えるからこその悩みだと言えます。

私は、SNSとブログの中間のように使おうと思いました。

SNSとブログ、どちらにおいても発信できない内容ってありませんか?

例えば私なら、次のような場合、投稿するのを控えるときがあります。

  • Twitter:140文字に抑えきれない
  • instagram:映える写真ではない
  • ブログ:そこまで語れない

「それでも発信したい。」

そんなときにnoteが役立つのではなかと考えました。

レビューnote始めました

「SNSにもブログにも発信できない内容ってなんだろうな」と考えてみると、カフェやコスメのレビューなどでした。

発信できずに溜めたままになっているカフェやコスメのレビューがたくさんあります。

  1. noteの手軽さ
  2. SNS以上ブログ未満の発信内容

①と②を掛け合わせ、淡々とレビューを書いていくnoteを始めることとしました。

これなら記録用に撮った写真と、文章だけで更新できます。

更新したらTwitterでシェアするので、ぜひeminoteをご覧ください。