読書

原作だけではなく派生作品も愛でる

原作から、形を変えて世に出るものたち。

映画化、小説化と様々にありますが、今まで片方(主に元となる方)しか鑑賞したことがありません。

自分が初めて見た媒体に対してのみ感想を持ち、その作品を取り巻く世界を広げようとはしてきませんでした。

作品をより楽しむためには、原作以外にもアンテナを張った方がいいかも?

と思うようになったのは、『翻訳者による海外文学ブックガイド BOOKMARK』という本で、ひこ田中氏による原作を映画化するときの話を読んでから。

created by Rinker
CCCメディアハウス
¥1,650 (2020/05/29 00:24:50時点 Amazon調べ-詳細)

作品の表現方法を変えることについて、まとめておきます。

自分が今まで鑑賞してきた作品で、○○化されているものも集めてみました。

映画化についての話 by ひこ田中氏

原作そのままを、映画の尺(2時間程度)に収めるのは難しいので、エピソードの取捨選択が行われる。

エピソードが取捨選択されていることを踏まえて、

  • どこに興味があって
  • どこを捨て
  • どこを拾い
  • どこがオリジナルなのか

このあたりをポイントに鑑賞する。

他にも、

  • 映画化は、原作を通して監督がどんな風景を見たかったかの生々しい記録
  • 取捨選択した後の新たなつなぎ目がオリジナル作品へと展開させていく
  • 自分が描きたい世界の取っかかり、物語が破綻しないベースが原作

原作から○○化

本から映画へ

十二人の死にたい子どもたち

created by Rinker
¥858 (2020/05/29 10:00:45時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥400 (2020/05/29 10:00:46時点 Amazon調べ-詳細)

本からドラマへ

あの家に住む四人の女

created by Rinker
¥748 (2020/05/29 06:37:51時点 Amazon調べ-詳細)

漫画から小説へ

ハイキュー!!

created by Rinker
¥460 (2020/05/29 10:00:47時点 Amazon調べ-詳細)

鬼滅の刃

created by Rinker
集英社
¥779 (2020/05/29 10:00:48時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
集英社
¥770 (2020/05/29 10:00:49時点 Amazon調べ-詳細)

音楽から漫画へ

これからは○○化を楽しんでみる

翻訳者による海外文学ブックガイド BOOKMARK』を読んで、○○化を楽しむのもありだなぁ~~

と思うようになってはいたんですが、○○化を楽しむ!!!と固く決意したのは「ヒプノシスマイク」のおかげです。

ヒプノシスマイクは音楽がベースとなっている作品ですが、コミカライズ作品を読むことでさらに楽しめる作りになっています。

今までは、自分の好きな媒体で鑑賞することを重視してきましたが、○○化を楽しまざるを得ない状況になってきました。

違う視点から作品を眺めてみると、気づかなかったことに気づけるかもしれないし、これからは○○化も楽しんでいきます。

このブログの運営者emi( @gtbb250 )への 質問・リクエスト・メッセージなどは、お気軽に「マシュマロ(匿名メッセージサービス)」まで。