暮らし

「ピックスリー」という幸福術

ツイッターで流れてきた「世界でバズった「毎日3つ選ぶだけ」幸福術 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準」を読みました。

『ピックスリー 完璧なアンバランスのすすめ』という本の紹介と筆者の実践内容について書いてあったんですが、自分も近いことやっているような…?と思ったので記事にします。

created by Rinker
東洋経済新報社
¥1,760 (2020/04/05 14:24:24時点 Amazon調べ-詳細)

ピックスリーならぬピックワン

「○○したいな」と思うことを、一日のうちに分刻みで詰め込んでいたんですが、疲れてしまいました(当たり前)。

そこで、毎日「今日は○○をメインに取り組む」というものを決めて、あとは無理しないことにしました。

ピックスリーにも満たないピックワン。

人生というスケールの大きな話でもなく、毎日、何をメインにして過ごすのか決めるだけの話ですが、ずいぶん気持ちに余裕ができました。

結果として、あれもこれもと思っていた時期より多くのことに取り組めている気がします。

最低限を決めること

仕事もせず家にこもっていて、何かに追われてやらなければならないことなんてなくて。

自分のさじ加減で決められることが多いのは合ってないみたいで、時間はあるのに活用できていない、つまり時間の無駄遣いをしていました。

ピックスリー的な考え方で、今日やるジャンルを決めるというのは、簡単だけど効果的です。

ピックスリーならぬピックワンをちらっと紹介すると、

  • ブログ
  • メモの整理
  • 漫画
  • アイドル

などがあって、毎日順番に取り組んでいきます。

その日何を一番多く取り組むかということを決めておくと、何をすればいいか迷わずにすみます。

選ぶことは、残りを捨てること

ピックスリーの記事を読んで、選ぶことは「何を捨てるか」を決めるということでもあるなぁと思いました。

何かを捨てたことにより、目の前のことに集中することができるわけですが、これってエッセンシャル思考みたい。

created by Rinker
¥1,430 (2020/04/05 14:24:24時点 Amazon調べ-詳細)

昔読んだときはイマイチ実践できてなかったけど、大事な思考のフレームワークは自分の中に残っていたみたいで、なんだか嬉しいです。

ピックスリーやピックワン、やること(やりたいこと)が多くて手に着かない人におすすめ。

ぜひチャレンジしてみてください。

このブログの運営者emi( @gtbb250 )への 質問・リクエスト・メッセージなどは、お気軽に「マシュマロ(匿名メッセージサービス)」まで。