アプリ

「あとで読む」poketで一時保存と長期保存の使い分けをする

〈poket〉を使っていなかったとき、「あとで読みたい」と思ったページをどうしていたのか、今となっては思い出せないほど、使用頻度が高いアプリ〈poket〉。

時間がないから「あとで読む」一時的な保存や、また読みかえしたいから「あとで読む」長期的な保存にも適しているアプリです。

便利なのでぜひ使ってほしい。

ということで、〈poket〉を使った一時保存や長期保存のイメージと、具体的な利用方法について書いていきます。

Pocket

Pocket

Read It Later, Inc無料posted withアプリーチ

2パターンの「あとで読む」

  • 「時間がないから」一時的な保存
  • 「もう一度読みかえしたいから」長期的な保存

〈poket〉はどちらにも対応できます。

一時的な保存をしたい

クリップすると、「マイリスト」という場所にどんどん保存されていきます。

(他のアプリを経由して保存すると、アプリ名のタグが自動的につく場合もあります)

クリップした記事の確認を終えたら、アーカイブに移動させるか削除すると、「マイリスト」内から消えます。

長期的な保存をしたい

長期的な保存と言えど、情報収集するのに使っているアプリ、

読みかえしたいときにすぐに読みかえせることが重要です。

タグを使って整理すると、情報にアクセスしやすくなります。

〈poket〉のタグは以下の順に表示されるので、

記号>数字>アルファベット>ひらがな(カタカナ)>漢字

この優先順位に合わせてオリジナルのタグを作ると、自分が整理しやすいようにできます。

〈poket〉の検索は、タイトルとURLしか検索対象にならないようです。

つまり、本文にある単語を検索しても、タイトルにその単語がなければヒットしません…。

よって、長期保存かつ再度その情報にアクセスしたいならば、タグで整理することが必須になるわけです。

作成したタグを紹介

1check

ふとしたときに読みかえしたい文章を、このタグをつけてまとめています。

心が潤ったり、元気づけられる文章が多めです。

bookmark

よく使うページではなく、いつか使うかもしれないページをブックマークしています。

todo

「このページを読んだ後に、何かしらの行動をする」と決めているページをクリップしています。

want

ほしいものは〈pinterest〉で管理しているのですが、

  • 少し手順がある
  • 画像を取得できないと保存できない

という理由から、とりあえず忘れないように保存しておきたいときは、〈poket〉を使っています。

ピンタレストはデジタル版ほしいものリスト!インスタとの連携が使える「百聞は一見に如かず」を体験できるピンタレストをデジタル版ほしいものリストとして使っているという話を書きました。...

〈poket〉をより使いやすくする

古い順に表示する

「マイリスト」にどんどん保存されていく情報も、旬があるので出来るだけ早くチェックしていきたいところ。

デフォルトでは、保存した順番通りにページが表示されるようになっています。

プロフィール→設定→並び替え→最新/最古

上記の方法で「最古」を選ぶと、古い順から表示されます。

拡張機能を利用する

ウェブとアプリで同期して使うことができるので、パソコンを利用する人は拡張機能をインストールしておくと、本当に便利です。

アプリより秒でクリップできます。

inoreaderと連携させる

ブログ購読は、inoreaderとpoketさえあれば完璧だと思っています。

inoreaderについて⇨Feedly(フィードリー)より使いやすいInoreader(イノリーダー)を使ってブログを購読する方法

inoreaderとpoketを連携する方法⇨inoreader(イノリーダー)とpoket(ポケット)を連携してブログ購読を快適に

Inoreader - RSS&ニュースリーダー

Inoreader – RSS&ニュースリーダー

Innologica無料posted withアプリーチ

情報収集には欠かせないアプリ〈poket〉

〈poket〉の使い方について説明してきましたが、とにもかくにも使ってみてほしいです。

そうすれば、「使っていなかったときのことが思い出せない」という言葉の意味が分かるはず。

ページをクリップする、ただそれだけのアプリですが、情報収集には欠かせません。

ブログ記事を書くときに重宝しているので、ブログを運営している人には特におすすめなアプリです。

Pocket

Pocket

Read It Later, Inc無料posted withアプリーチ