読書

「ポートフォリオ読書術」を取り入れることにした

読書術に関する本を最近よく読むようになりました。

本の中で紹介されていた「ポートフォリオ読書術」なるものが気になったので、実践してみようと思います。

ポートフォリオ読書術とは

「ポートフォリオ読書術」とは、読む本のジャンルをある程度決めた上で読んでみようという読書術のこと。

『最強の独学術 自力であらゆる目標を達成する「勝利のバイブル」』という本で知り、『戦略読書』という本で詳しく説明されているのを読みました。

created by Rinker
¥1,980 (2020/04/04 22:03:13時点 Amazon調べ-詳細)

どんな読書ポートフォリオにする?

ポートフォリオ読書術では、マトリクス表をつくり4つの分野に読む本のジャンル分けるのですが、以下のような分類にしてみました。

  1. ざっくりと掴みたい分野(少)
  2. もっと知りたい分野(多)
  3. いつも通りの分野(多)
  4. 上記3点の新刊(少)

本の量も決めて、(少)は10~15冊ぐらい、(多)は際限なく読もうと思います。

半年~1年ごとに見直すと良いみたいなので、進捗状況を記録する方法も考えたいです。

ネットで検索しても、「ポートフォリオ読書術」はビジネスを基盤とした話ばかりで、自分の取り入れ方が合っているのかも分からないのですが、なんだか楽しいのでヨシとします。

2020年上半期の読書ポートフォリオ

それでは、とりあえず決めてみたポートフォリオを公開します。

ざっくりと掴みたい分野(少)

もっと知りたい分野(多)

  • 読書術
  • 文章術
  • 小説
  • 漫画(ランキングやガイドブックを参考にする)

いつも通りの分野(多)

今まで通り、気になった本を片っ端から読んでいくつもりです。

上記3点の新刊(少)

図書館ユーザーなので、どうしても新刊を読むことが多くありません。

旬な本を見逃すのはもったいないと思ったので、新刊を意識的に読むことにしました。

読もうと思った時点から1ヶ月以内に発売された本を新刊として読んでいきます。

読書ポートフォリオの振り返り

振り返りをしたら、こちらに追記します。

このブログの運営者emi( @gtbb250 )への 質問・リクエスト・メッセージなどは、お気軽に「マシュマロ(匿名メッセージサービス)」まで。