読書

本を読む流れ

自分以外の人は、どのようにして本を選び、読んで、読み終わった後どうしているのか?

ふと、そんなことが気になったので、自分の場合を書いてみることにしました。

読みたい本を見つけるまで

読みたい本は、インスタやツイッターで見つけることが多いです。

ツイッターはTLに流れてくる本をチェックしていて、インスタは読書垢をフォローしています。

他にも、読んだ本や読みたいと思った本をAmazonで検索して「この商品を買った人はこんな商品も買っています」の一覧から、気になるものをチェックするという作業を週一でしています。

読みたい本が見つかったら

図書館を利用しているのですが、効率的に借りることができるよう、予約数の少ない本から予約申請をしています。

読みたい本の中から予約数の少ない本をすぐに確認できるように、アプリ「ブクログ」をこんな感じで活用中です。

  1. 読みたい本を見つける
  2. ブクログに「読みたい本」として登録する
  3. 図書館の検索サービスで予約数を調べる
  4. ブクログで作成しているカテゴリーに振り分けて保存する

詳しくは⇨読書好きに必須のアプリ「ブクログ」の活用法

図書館にないものや、今すぐ読みたいものは購入することもあります。

読んでいるとき

図書館から借りている本ということもあるし、生理的に本へ書き込むことができないので、付箋を用意しています。

フィルムタイプの細い付箋。

気になったところ、響いたところ、ピンときたら付箋を貼っていきます。

解放された状態で読みたいからかな、家で読むことが多いです。

雨の音を聞きながら読むのが好き。

静かな方が読みやすいと感じます。

読み終わったらすること

最後まで読み終わった本のみ、アプリ「ブクログ」を使って読了記録をつけます。

付箋を貼っていたら、付箋を貼っているところだけ読み直して、さらに整理します。

熟成させたいものは、とりあえずブクログにフレーズ登録をしておきます。

まとめてブログに書けそうなら書いてしまいます。

ブログには書けないけど…という本は、ツイッターに感想を呟いたりします。

読んだ本が自分で買ったものならば、手元に残すかどうかを決めます。

残さないものは図書館に寄贈します。⇨図書館に本を寄贈した話

本を読む流れ

2020年は、なんだか本に関わることを深めていきたい気分です。

振り返ってみると、本との向き合い方も変わってきたような気がします。

今度はそのへんのことを記事にしたいです。

このブログの運営者emi( @gtbb250 )への 質問・リクエスト・メッセージなどは、お気軽に「マシュマロ(匿名メッセージサービス)」まで。