暮らし

かわいいロルバーンは見つけ次第捕獲する

やりたいことリスト(「2020年のやりたいことリスト」)の項目に「かわいいロルバーンは見つけ次第捕獲する」というものがあります。

2020年も新シリーズ「ル ブルトン」から限定柄が発売され、可愛かったので早速買っちゃいました。

1冊買うと、いつのまにか2冊3冊と増えていくロルバーンノート。

この記事では、そんなロルバーンノートの推しポイントを紹介します。

ロルバーンの好きなところ

書き始めやすい

新しいノートって、緊張してなかなか書き始めるのが難しくないですか?

私の場合「綺麗に書こう」と変なプレッシャーを自分にかけるからなんですけど。

ロルバーンはページがクリーム色で、これがなんとまあ書きやすいんです。

真っ白でないというだけで何故か書きやすい(色の効果か?)。

個人的に横罫線タイプが好きで、方眼も罫線なしも苦手だったんですが、ロルバーンの方眼は主張があまりないので、これも書き始めやすい要因だと思います。

集めやすい

ロルバーンのL判サイズは、デザイン違いが多く売られています。

集めるときは「揃っていること」が好きなので、同じサイズのデザイン違いで展開しているロルバーンが集めやすいんですよね。

L判サイズは、ロルバーンの手帳ともサイズを揃えることができるし、いろんな限定デザインが多く発売されているサイズなので、気に入っています。

可愛いロルバーンを見つけら、何に使うかはさておき、とりあえず買ってしまいます。

使いやすい

各ページの切り取り線とクリアポケットが便利です。

ロルバーンはリングノートなので、力の入れ具合によってはページをちぎるときに、リングが歪んでしまう場合があります(経験あり)。

その点、切り取り線を使えば、綺麗にページを切り離すことができます。

クリアポケットは、ノートに関する何かを入れておく用に重宝します。

切り取り線も、クリアポケットも、なくても良いけどあると便利ってタイプではありますが、ロルバーンには標準機能で備わっているところが推しポイントです。

お気に入りのロルバーンを紹介

WEB SHOP限定「お子様ランチ」柄

これからも集めていくつもり

ロルバーンは分解できるそうなので、お気に入りの表紙は残しておいて再利用するつもりです。

そうする間にもノートは増えていきそうですが…。

これからも新作ロルバーンをチェックして、可愛いものを見つけ次第捕獲していきます。

このブログの運営者emi( @gtbb250 )への 質問・リクエスト・メッセージなどは、お気軽に「マシュマロ(匿名メッセージサービス)」まで。