韓国語学習

【感想】Zoomでオンライン授業を受けてみた

自学自習とは別に、2019年1月から週1で韓国語教室に通っています。

そんな韓国語教室も、コロナウィルスの影響で2020年4月から「Zoom(ズーム)」を利用したウェブレッスンがスタートしました。

この記事では、以下の内容を中心に、

  • Zoomを使った授業ってどんな感じ?
  • 語学系のオンライン授業のメリット・デメリット

Zoomでオンライン授業を受けてみた感想を書いています。

Zoomでオンライン授業を受ける流れ

通っている教室での授業フローです。

はじめこそ、双方ともに戸惑うこともありましたが、やることは特に難しくありません。

事前準備

スマホかパソコンにアプリ「Zoom」をダウンロードします。

ZOOM Cloud Meetings

ZOOM Cloud Meetings

Zoom無料posted withアプリーチ

IDとパスワードさえあれば、登録しなくてもミーティング(授業)に参加できます。

授業の前日

通っている教室のLINEアカウントから、IDとパスワードが送られてきます。

授業の当日

授業時間の5分前になったら、IDとパスワードを入力して、先生(ホスト)がミーティングを開催するのを待ちます。

授業を終えたら、退出ボタンを押して終了です。

Zoomでオンライン授業を受けた感想

準備について

パソコンのカメラとマイク機能が上手く使えるか不安だったので、スマホのアプリをダウンロードしました。

スマホを設置する

  1. 卓上カレンダーを用意する
  2. 調味料チューブホルダーをはさむ
  3. ホルダーにスマホをはさむ

普段スマホは傾きによる画面変更を禁止にしているのですが、その状態だと画面が小さくて見えにくいです。

接続について

自分たちが受講する授業の前のクラスが延長していたみたいで、知らない人の授業にいきなり乱入してしまったことがありました。

原因はとして考えられるのは、

  • 講師ごとのID発行
  • パスワードが全員同じだった
  • 講師の時間管理がゆるかった

Zoomでは【ホストがミーティングに招集する】という形式がベースですが、そのあたりのことを教室側も分かっていなかったのではないかと。

しばらくして、パスワードはレッスンごとに変更されるようになりましたし、授業時間も若干早めにまとめに入るようになりました。

その先生が授業を延長していると、違う人の授業にいきなり入っていってしまうということがありました。

授業展開について

通っている韓国語教室では、指定のテキストを使って学習しています。

「読む」「書く」「聞く」「話す」について、オンライン授業でのメリット・デメリットを書いていきます。

読む、書く

講師も受講者も、共通のテキストを持っていれば問題ないと思います。

書かれたことを見ることも、書いたものを見せるのも向いていません。

聞く、話す

双方向のオンライン授業では、トークが中心の授業展開になると思います。

タイムラグがあるせいで、どうしてもやりとりが詰まった感じに。

対面授業との違いを一番感じました。

対面授業でもトークが中心の授業展開なので、余計に引っかかったのかもしれません。

講師の力量が問われる

対面授業どおりにはいかない状況のなか、授業ごとに何ができて何ができないかを判断し、展開していく必要があると思いました。

話を盛り上げるのが得意で、気が利く先生の授業は、オンライン授業でも対面授業と変わらない感じでした。

むしろ、新しい体験できたねって思えました。

オンライン授業だからできること

いつも通っている教室ではない、他府県の先生の授業を受けることができました。

先生によって教え方が違うので、色んな先生に受けたいと思っています。

いつもの教室では固定されつつあるので、新鮮でした。

セキュリティ

セキュリティに問題があると言われている「Zoom」。

インストールした次の日に、ツイッターがスパムが乗っ取りに遭いました。

7年ぐらいツイッターしていて初めてのことだったので驚きました。

理由を考えてみても、Zoom以外に新しく始めたことや新しく登録したものがなかったので、Zoomが原因では?と疑っています。

ツイッターのパスワードを変更して以来、何事も起きていませんが少し不安です。

語学ウェブレッスンの感想まとめ

対面授業と比べたら、少し物足りない部分もありますが、おおむね満足しています。

オンライン授業のメリット・デメリット

個人レッスンは高いけど、オンライン授業なら費用をおさえられそうです。

オンライン授業は、教室に通う時間がない人や、行ける範囲に教室がない人にも良いかもしれません。

ただ、ネット環境ありきの話になるので、機材故障や通信エラーなどのトラブルは想定しておくべきですね。

授業を受けた感想にも書きましたが、学習できる内容はトークが中心になってくると思います。

オンライン授業のメリット・デメリットをまとめると、こんな感じだと思いました。

  • 費用をおさえられる
  • 時間・場所に縛られない
  • トラブルはつきもの
  • 学習できる内容に偏りが出る

普段は生徒2名のグループレッスンなので、個人レッスンが受けたくなったら、オンライン授業を探してみようかと思います。

このブログの運営者emi( @gtbb250 )への 質問・リクエスト・メッセージなどは、お気軽に「マシュマロ(匿名メッセージサービス)」まで。